口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

故人の宗教で違う、葬儀参列の基本的なマナー4つとは?

葬儀参列の基本的なマナーについて

葬儀は宗教によって行い方が様々です。
そこで参列した時に失礼にならないように基本的なマナーを知っておくととても便利です。
以下では4つ挙げてご説明したいと思います。
また、中野区では都内ということもあり葬儀業者もサービスのレベルが高い業者がそろっています。
様々な宗教に対応してくれる業者についてもご紹介したいと思います。

 

キリスト教の葬儀に参列する場合に押さえておきたいマナーとは?

キリスト教の葬儀が初めてという方でも大体の想像はつくかと思いますが、キリスト教では西洋の宗教であるため、日本の仏教とは異なっています。
そこで、キリスト教の葬儀に参列するときの注意点として、参列する際に知っておくと便利なことがあります。
まず、キリスト教にはカトリックとプロテスタントと言う二種類の宗教に分かれており、それぞれ宗派によって参列も異なります。
カトリックでは葬儀と告別式を別で行う方式です。
そして、葬儀では聖歌を歌います。
その後で開式の辞が行われ、神父が棺に向かって聖水を注いで献香します。
その後、葬儀のミサが行われます。
また、カトリックでは聖歌の後で個人の弔電などが紹介されます。
そして、その後、献花を行うと言った流れになります。
いくつかの流れを経て、最後に遺族の挨拶と終了となります 。
仏教の場合にもお香典となりますが、キリスト教ではお花料として包みます。
そして、白無地の封筒を用意して表にお花料と書いて葬儀の際に提出します。

無宗教の場合にはどうなる?

それでは、次に無宗教についてですが、こちらは特定の信仰を持たない人のことを言います。
そして、自分の意向に沿って取り行うことができて、自由葬とも言われています。
メリットは個人の好きな方法で葬儀を行うことができるというところです。
例えば、好きだった音楽を流したい、思い出の品を飾ったり、自由に最後を演出することができます。
最近では、自由な葬儀が 人気があります。
献花では、お花を置く前に一礼をすることを忘れないようにしましょう。
緊張して忘れてしまっても、叱られることはありませんが、せっかく参列したので、気持ちを込めて故人を送り出したいですよね。

中野区で様々な宗教に対応している業者とは?

中野区で様々な宗教に対応している葬儀業者を紹介します。
たいていの業者が、仏教、キリスト教、無宗最に対応しており、最近、人気を集めているアイユーメモリーや想像メモリアルが対応をしています。
どちらの業者であってもこれらの宗教には対応をしているので安心ですね。

いかがでしょうか。
異なる宗教に参列した場合の基本的なマナーについてですが、どの宗教にも共通して言えることがあり、服装のことです。
黒で派手なアクセサリーは避けるということです。
次に、お香典についてですがキリスト教の場合にはお花料となり、白い封筒を用意します。
また、献花についてですが、必ず一礼をしてからお花を置くという流れになります。
そして、基本的な静かに個人を送り出すなどの一般的に問われるマナーを守ることが大切です。
ちなみに中野区にはいくつか葬儀業者がありますが、どちらの業者も様々な宗教に対応しています。
会社名をあげると、自由葬で人気があるアイユーメモリーや想像メモリアルです。
特にアイユーメモリーは自由葬では人気があるので、無宗教の人にはスムーズに葬儀を執り行うことができるといえます。
葬儀の参列は故人をしのぶものなので、決してしきたりに縛られるものではありませんが、たくさんの人が見守る中で執り行われるので、不安な思いをしないようにいくつかマナーを知っておくと安心ですよ。