口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀と法事の違いとは?


お通夜や告別式などの葬儀の場合は、僧侶が始まると血縁の濃い人からお焼香が始まり、一般参列者に順番が回ってきます。
告別式の場合は納棺をして火葬場に行き、炉で焼却をして壺に納骨を行います。
一周忌や三回忌、四十九日などの法要は自宅で僧侶に読経をしてもらい、家族や親族でお墓参りに行き、飲食店や斎場などで会食を行います。
以前の日本では自宅で会食を行うことが多かったですが、ライフスタイルの変化や住宅事情などが原因で飲食店や斎場などで会食をするご家庭が増えています。

 

 

血縁の濃い人からお焼香を行います

若い年代の人は葬儀と法事の違いをきちんと理解して、基本的なマナーを身に付けておきたい人が増えています。お通夜や告別式などのお葬式は故人を弔いきちんと供養をするための儀式です。お通夜では家族や親族などの近親者が一晩中お線香を絶やさないようにします。

一般葬はもちろん家族葬の場合でもお通夜と告別式の両方を行いますが、開式が始まると僧侶による読経が始まり、血縁の濃い人から順番にお焼香を行い一般参列者のお焼香が始まります。告別式の場合は僧侶の読経が終わると納棺をして、火葬場に行き炉で焼却をして、遺骨を壺に納めます。

お通夜や告別式などのお葬式に出席をする時は、香典や念珠などを持参しておく必要があります。友人や知人などの一般参列者は、親しさの度合いによっても違いますが、5千円から1万円前後が相場になっています。

 

飲食店や斎場、自宅などで会食を行います。

法事はお通夜や告別式、火葬などのお葬式が終わってから行いますが、初七日、四十九日、一周忌、3回忌、7回忌などがあります。四十九日は故人があの世に旅立つ大切な儀式なので、お子様や孫、配偶者、親戚などの身内が集まって行います。

宗派によって多少の違いがありますが、地元の寺院の僧侶に読経をしてもらい、お墓参りを行ってから、自宅や飲食店などで会食を行うことが多いです。初めて出席をする時は、どれぐらいの金額を包んだらよいか悩んでいる人が多いですが、叔父や叔母の場合は3万円前後になっており、従兄弟などの場合は1万円から、2万円ぐらいになっています。

お供え物を持参したい人が多いですが、コーヒーや紅茶、お茶などの嗜好品や、日持ちのする焼き菓子や洋菓子、焼きのりなどの乾物などがお勧めです。

 

基本的なマナーを身に付けておきたい

若い20代の人はお葬式や法事の知識を身に付けたい人が多いですが、お通夜や告別式などのお葬式の場合は男性は黒の喪服、女性の場合もブラックフォーマルのワンピースやスーツを着用するのが一般的です。一周忌や三回忌などは喪が明けてから日が浅いので、基本的には男女共に黒の喪服を着用するのが一般的です。女性の場合はアクセサリー類はパールのネックレスか、結婚指輪だけにしましょう。

僧侶の読経が終わると家族や身内でお墓参りをして、会食をするのが一般的です。以前は自宅で行うのが一般的でしたが、現代は住宅事情やライフスタイルの変化などで飲食店や斎場などで会食を行うことが多いです。

法要は命日に行うのが理想ですが、その前後の土日を利用して行うご家庭が増えています。お供え物は3千円から、5千円ぐらいの商品を選ぶと良いでしょう。

 

若い年代の人はお葬式と法要のちがいを知っておき、基本的なマナーを身に付けておく必要があります。お通夜や告別式などでは男女共に黒の喪服を着用します。一周忌や三回忌の場合は喪が明けてからまだ日が浅いので、お葬式の時と同様に黒の喪服を着用します。僧侶に読経をしてもらいお墓参りをしてから、会食を行うのが一般的です。
どれぐらいの金額を包んだらよいか知っておきたい人が多いですが、叔父や叔母の場合は3万円前後、従兄弟の場合は1万円から、2万円前後になっています。お供え物を準備したい人が多いですが、3千円から5千円ぐらいの商品がお勧めです。