口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

厳選5社をご紹介!葬儀社選びのポイントは4つ
葬儀は故人を見送るための大切な儀式。葬儀社選びも悔いのないようにしたいものです。安心で信頼できる葬儀社選びのポイントは、「予算」「スタイル」「規模」「サポート力」の4つを基準に選ぶのがポイントです。
 
予算内で収まる規模のコースがあり、スタッフのサポートや進め方も感じが良い…という葬儀社なら、始終気持ちよく進められますよね。残念ながら葬儀社によっては、こちらの意見を聞かずに高いプランを押してくるところも実際にあります。

トラブルを事前に防ぐ為にも、

「見積書は分かりやすいか?」
「質問には的確に答えてくれるか?」
「どのような宗派にも対応しているか?」
「お坊さん等の手配も行ってくれるか?」
「斎場だけでなく、自宅葬や公共の場所でも対応してくれるか?」

…といったことを基準に葬儀社を選び、満足のいく葬儀を行って下さい。

葬儀社の「サポート力」も大切です。利用者の相談をしっかり聞いてくれることはもちろんのこと、理想通りにできない場合でも、なるべく希望に添ってくれたら嬉しいですよね。

ここでは、こうした選択ポイントや自分の体験もふまえて選んだ、中野区のおすすめ葬儀社をご紹介します。葬儀社選びのお力になれれば幸いです。

中野区の葬儀社ランキング!

アイユーメモリーはトータルでサポートしてくれる総合力の高さが魅力
総合的なサポート力の高い葬儀社として高い評価を得ている葬儀社。中野区内だけでなく都内全域に対応しており、24時間365日いつでも相談にのっています。じっくりと相談したい場合は、新井薬師駅前にある「アイユーメモリー 相談サロン」で直接打ち合わせも出来ます。

また、近年はネット葬儀社も人気ですが、「アイユーメモリー」では希望をなるべく叶える柔軟性や、高い提案力、幅広いサポート力でネット葬儀社との差別化を図っています。

プランも、家族葬から社葬まで豊富なプランがあり、自宅葬や公営斎場、集会所や寺院などでも葬儀が可能です。また、見積もり段階から葬儀まで、同じスタッフが一貫して担当してくれるのも嬉しいですね。
おすすめポイント

Point 1. 些細な疑問にも丁寧に答えて相談もしやすい

Point 2. 役所の手続きから自宅の片づけまで!徹底したサポート力

Point 3. 見積もりから葬儀まで担当者が変わらないから安心!

Point 4. 良心的で分かりやすい見積もり内容

プラン 家族葬プラン
一般葬プラン
社葬・合同葬プラン
火葬プラン
費用一例 家族葬:30万円
一般葬:50万円
問い合わせ電話番号 0120-056-590
24時間総合受付
あすなろ葬祭のモットーは「話を聞く葬儀社」!葬儀プランも豊富
「あすなろ葬祭」は、中野区の新井薬師駅南口から徒歩3分の場所に「くみん斎場」を構えている葬儀社です。創業15年とまだ新しい葬儀社ではありますが、そのサポート力で中野区を中心に高い信頼を得ています。「くみん」という言葉には「中野区民に良質な葬祭サービスを」という願いが込められているそうです。

また、葬儀社としてのクオリティを高めるため、1年ごとのテーマとして「このサービスを集中して良くする!」と決めたものは、実際に取り組んで良くしていくのも特徴。「安心出来る葬祭サービスを提供することは当たり前」というスタンスで、満足度の高いサービスを提供してくれます。

故人を見送る遺族の心に寄り添う為、「あすなろ葬祭」では「目配り・気配り・心配り」に最大限の配慮を行っています。
おすすめポイント

Point 1. 小さな疑問にも真摯に対応

Point 2. 家族親族のいない方も安心

Point 3. 葬儀社ならではの豊富なプラン!自社斎場もある

Point 4. 遺族目線の親切さが魅力

プラン 火葬プラン
一日葬プラン
家族葬プラン
自宅葬プラン
中型葬プラン
大型葬プラン
費用一例 家族葬:約60万円
中型葬:約140万円
問い合わせ電話番号 0120-709-832
24時間総合受付
花葬儀は種類豊富な花祭壇や親切丁寧な打ち合わせが特徴
「花葬儀」の葬儀セレモニーは既存のスタイルにこだわらない自由な発想を持つ葬儀社として、今注目されています。TVの情報番組でも特集されたことがあるほどです。

「花葬儀」という社名からも連想できるように、生花や花祭壇にこだわっています。フラワーデザイナーが遺族の思いや故人の願いを形にしてくれるため、素晴らしい祭壇が実現できると好評です。ちなみにペット葬でも人と同じようにイメージに合った花祭壇を作ってくれますし、火葬や骨壺納骨も可能です。

また、綿密な打ち合わせができるのも花葬儀の魅力ポイント。初めての葬儀は誰しも不安の付きまとうものですが、「花葬儀」のしっかりとしたサポートは「満足出来る」という声を聞きます。
おすすめポイント

Point 1. フラワーデザイナーと共に思いを形にできる

Point 2. 親切丁寧な対応と明朗会計な見積もり

Point 3. 「おくりびと」による心のこもったラストメイク!納棺の儀も行える

Point 4. 満足いくまで相談できるのが魅力

プラン 家族葬
火葬式
一日葬
一般葬
費用一例 家族葬:約40万円
一般葬:約70万円
問い合わせ電話番号 0120-878-339
24時間総合受付
関東・関西全域に対応!グランドセレモニーの葬儀プランは格安
葬儀では「突然すぎて何をしたらいいのかわからない」ということもあります。そんな時、いつでも相談できて、しかも良心的な予算で適切なプランを提案してくれる葬儀社があったら心強いですよね。

「グランドセレモニー」では、24時間365日、年中無休で相談にのってくれるほか、追加料金の発生しない丁寧な見積もりを作ってくれます。また、電話相談の段階から葬祭ディレクターが話を聞いてくれるので、急ぎの場合でも的確なアドバイスがもらえます。

葬儀社によっては、葬祭スタッフを下請け業者へ丸投げしてしまうところもありますが、「グランドセレモニー」では高いサービスを提供できるよう、葬儀はすべて自社スタッフが手がけます。そのため、お通夜から葬儀終了まで一貫した高いサービスが提供できているのです。
おすすめポイント

Point 1. 葬祭ディレクターが電話相談時から対応

Point 2. 葬儀は一貫して自社スタッフが手がける

Point 3. 東京だけでなく関東全域と関西全域をカバー

Point 4. 良心的な価格設定

プラン 火葬式
一日葬
家族葬
導師紹介
費用一例 家族葬:36万円
導師紹介:50万円~
問い合わせ電話番号 0120-305-500
24時間総合受付
アーバンフューネスは選択肢豊富!葬儀プランも自由にカスタマイズ
「アーバンフューネス」は、既存の葬儀プランにとらわれず、お客様ごとにプランをカスタマイズしてくれます。人によって重きを置きたいポイントが違いますので、祭壇から料理まで様々な物の選択肢が多いのは大きな魅力。料理に拘りたい人はちょっと豪華な料理を選ぶ…といった「自由」のきく葬儀社です。

また、「アーバンフューネス」は利用者の希望を最優先にして葬儀プランを作成してくれますし、 葬儀後の役所手続き方法などを具体的にまとめてくれます。最初から最後までケアが充実していると好評のようです。

いわゆる「ネット葬儀社」と呼ばれる「アーバンフューネス」ですが、その葬儀は、テレビや新聞、雑誌などの各種メディアにも取り上げられるほど注目されています。「成長率5年連続No.1」の実績に裏打ちされたサポート力は本物です。
おすすめポイント

Point 1. 「不安ゼロ」を目指した徹底サポート

Point 2. 葬儀関連アイテムも選択幅が広い

Point 3. 都内全域をフォロー

Point 4. 事前相談は対面も可能

プラン 火葬式
家族葬
一般葬
自宅葬
一日葬
社葬
お別れ会
無宗教葬
費用一例 家族葬:約40万円~
一般葬:約70万円~
問い合わせ電話番号 0120-722-195
24時間総合受付

よく読まれている記事

まずは相談!事前相談を活用してみるのがおすすめ

葬儀社選びをする前に「どのような葬儀にしたいか?」をしっかりと考えることが大切です。葬儀をするとなると、短い時間で最適なプランを決め、細かい点を詰めていかなければなりません。その際に、予算や葬儀の場所・規模、宗派、御導師様や神官などの宗教者の手配、菩提寺がない場合の対応方法、親族や参列者の人数などを考える必要があります。

もちろん、葬儀社の方からも骨壺の柄や値段、祭壇のデザインや金額等々…細やかな提案を行ってくれますし、菩提寺がなければ宗教者の手配なども葬儀社が代行してくれます。葬儀は意外にも決めることが多いですから、終活の一環として、ある程度決めておけば打ち合わせもスムーズですし、自分の葬儀の際も滞りなく進むと思います。

葬儀社によっては事前の相談・予約が可能ですから、まずは相談してみることをおすすめします。今回ご紹介した5つの葬儀社は、すべて24時間365日いつでも電話相談が出来るので便利です。また、相談から葬儀まで一貫して質の高いサービスを受けることができますし、葬儀後のアフターケアにもしっかり対応してもらえる場合がほとんどです。

死後事務委任契約等についての疑問にも、すぐに応えてもらえますので、まずは気軽に質問をしてみましょう。

【東京都】中野区エリアのおすすめ葬儀社情報一覧!

さて、本サイトでは中野区エリアのおすすめ葬儀社を比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれしっかりとした葬儀社で、葬儀の価格も良心的な設定になるよう努力をしている葬儀社ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各葬儀社の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ 1
2
3
4
5
会社名 アイユー
メモリー
あすなろ葬祭 花葬儀 グランド
セレモニー
アーバン
フューネス
電話番号 0120-056-590
24時間総合受付
0120-709-832
24時間総合受付
0120-878-339
24時間総合受付
0120-305-500
24時間総合受付
0120-852-195
24時間総合受付
特徴 見積りから葬儀まで担当者が変わらない。
利用者目線を大切にした、明確かつ良心的なサービスと見積り
話を聞く葬儀社をモットーに、些細な相談にも乗ってもらえる。 フラワーデザイナーと作る生花祭壇
納棺師によるラストメイクも提供。
電話の段階から葬祭ディレクターが対応してくれる 祭壇から料理まで選択肢の幅が広い
プラン価格 予算 ・希望に応じて最適なプランを提案。
148,000円(税抜)より
葬儀社ならではの様々なプラン。
230,000円(税抜)より
花祭壇の種類が豊富でおしゃれ。
195,000円(税抜)より
価格は安い。
135,000円(税込)より
プランを様々な形にカスタマイズ可能.。
180,000円(税込)から
対応 葬儀前の役所手続きや自宅の片づけ、御納骨など幅広くサポート おひとりさまの死後、事務委任契約等のサポートも可能 都内全域での対応が可能 すべて自社正社員対応 対面以外にも、電話にて疑問や不安が解消できるまでサポート
会員制度の有無 メモリークラブ
ワンランク上のお葬式を実現
無し 無し 無し 無し
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく

わたしのおすすめを厳選したのですがいかがでしょうか。一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきは葬儀価格や提供しているサービスの特徴といったところでしょう。

また、おすすめの中野区エリアの葬儀社として、対応がいいのは大前提ですが、その対応の仕方や葬儀プランにも違いが見えるので、自分の希望や理想にあった葬儀社を選び、故人を悼むにふさわしい葬儀をあげていただければと思います。

葬儀社選びのポイント

いざ葬儀の準備を始めなければならないという場面に直面したとしましょう。経験があれば問題ありませんが、初めての経験であれば大体の人が狼狽してしまうと思います。そうならないためにも、事前にある程度の流れを知っておき、上述したように葬儀のプランニングをしておくことをおすすめします。

今、大体の人が病院で息を引き取ることが多いようです。そこからご遺体を搬送する手続きにはいるわけですが、特に準備をしていない場合、病院と提携している葬儀社に対応をゆだねることとなります。故人を見送るのに特にこだわりがない方であれば問題ありませんが、病院と提携している葬儀社ですと、あまり融通がきかなかったり、こちらの希望が通りにくかったりするようです。当サイトで紹介している「アイユーメモリー」や「あすなろ葬祭」>などと比べてみてもわかるように、一般的にかかる葬儀費用より割高になるケースが多いようです。

今の時代、インターネットが普及しており、多くの会社がネット上でサービスを提供しています。葬儀社に関しても同様のことがいえます。また、これに合わせて口コミや評判もありふれているため、葬儀社を選ぶ際の参考にすることができます。葬儀をおこなうにあたり、葬儀社および葬式場のサポートであったり葬式の規模であったり、はたまた費用面であったりそれぞれこだわりがあるかと思います。それらの希望に沿った葬儀を執り行うためにも、事前にしっかりと情報収集を行い、自分に合った葬儀社を選ぶ準備をする必要があります。

葬儀社といっても、数が多いためどこが自分たちに合っているのかわからない方も多いと思います。葬儀社はどこも同じなのでしょうか?

それぞれの葬儀社に魅力があります

「アイユーメモリー」は葬儀のスタイルや規模、予算など、希望に沿ったプランを提供してくれる柔軟性の高さが魅力です。葬儀後のサポートも素晴らしく、訃報後の役所の手続きから、葬儀後に必要となる手続きもサポートしてくれるほか、仏壇位牌や納骨までフォローしてくれます。「頼れる葬儀社」としてサポートも素晴らしいので1位に選ばせていただきました。

「あすなろ葬祭」は「遺族の目線に立った親切さ・丁寧さ」がモットーの葬儀社です。直接顔を合わせて話をすることで遺族の思いを汲み取り、希望に沿った予算やプランを提案してくれます。「花葬儀」のプロフェッショナルによる瀟洒な祭壇は、一度きりのセレモニーにふさわしい優雅さと荘厳さがあります。また、遺族の方が十分に納得のいくまで打ち合わせをして、細やかなサポートをくれると好評です。

「グランドセレモニー」は見積もりの段階で葬儀費用、料理、返礼品、斎場使用料、火葬料が含まれる金額を提示してくれますので、後から追加料金が発生する心配がないのが嬉しいです。また、「アーバンフューネス」では家族目線で必要な資料や見積もりを提出。専門の相談員のアドバイスや説明が聞けるので分かりやすいです。

どの葬儀社も気軽に質問が出来ますので、遠慮せず電話してみて下さい。

葬儀にはどれくらい費用がかかるのか?

一般的に葬儀にかかる総額費用は、全国平均で200万前後かかるとの統計がでています。「葬儀費用一式」「飲食費」「寺院費」の3つに大きく分かれ、これらの費用の総額となっています。

まず「葬儀費用一式」ですが、ほとんどが祭壇費用と会場費となっており、平均で120万円ほどです。安いものであれば10万円から作れる祭壇ですが、高いものですと100万を超える費用がかかってくるようです。会場についても規模によって安いところから高いところまであるため、これらを個人で決めようとするとだいぶ手間がかかります。そのため、祭壇や会場の希望を事前に相談しておくことがおすすめです。

またその他葬儀費用として、その地域の風習やしきたり、制度などが影響するものもあります。例えば千葉県の一部地域では、「長寿銭」と呼ばれる紅白の水引を印字した袋に紅白の紐が通った5円玉を配る風習がありますし、埼玉の秩父などでは「金剛杖」と「白い三角巾」をつけて参拝するため、その準備の必要があります。自分が葬儀を執り行う際に慌てなくて済むよう、事前に葬儀に関する風習は知っておくといいでしょう。

続いてかかってくる費用が「飲食費」。これはその名の通り、葬儀に参列してくれた方向けに振舞う食べ物や飲み物の費用になります。ですが、これって関東と関西で文化が違うってご存知でしたか?東京や神奈川など関東地域ではお焼香に来てくれた方全員に向けて「通夜料理」と呼ばれる食べ物や飲み物を振舞うのが一般的な風習とされています。これは料理を食べて、それが故人への供養になるとされているためなのですが、逆に関西地域では親戚など近親者にしか料理を振舞わなく、参列者はお焼香後に帰宅することとなります。そのため、当然関東の方が関西と比較して「飲食費」は高くつきます

最後にかかる費用が「寺院費」。これは神職や牧師、宗教者など葬式を依頼した方へ支払う謝礼のようなものであり、どの宗教に属しているかによって料金も変わってきます。大体の費用相場としては50万円前後が多いようです。

いずれにしても、これらを個人で全て決めていこうとするとものすごく大変だと思います。そのため、葬儀社に事前に相談をして進めていくのが無難でしょう。ですが、東京、こと中野区に関しては多くの葬儀社があり様々な「葬式プラン」を扱っています。相談時にどの費用までそのプランに含まれているのか、確認を忘れないように注意しましょう。

「相性の良い葬儀社」を選ぶ

近年、あまりにも多くの葬儀社があるため、一体どの葬儀社を選んだらいいのか迷ってしまうでしょう。どの葬儀社も魅力がありますが、大切なのは「印象が良く、相性が良いこと」かも知れません。気に入った葬儀社に巡りあう為にも、終活として普段から色々な葬儀社の見学会などに参加しておくと、雰囲気等が分かるのでオススメです。

葬儀の際も、余力があれば複数社に見積もりを依頼してみて、気に入った所を選ぶと良いかも知れません。きっと丁寧で相談のしやすい葬儀社など、印象が良く、相性の良い葬儀社が見つかるでしょう。

冒頭でもお話ししたように、葬儀社は「予算」「スタイル」「規模」「サポート力」を中心に選ぶのがポイントです。少なくとも、ここでご紹介した中野区の葬儀社に関しては、このポイントを満たした葬儀社となっています。

「対応が丁寧」
「納得できる提案」
「分かりやすい見積もり」
「信頼性や実績」

といった評価の高い葬儀社を厳選してご紹介しましたので、ご参考になさって下さい。

皆さまが、葬儀の参列者と後日、顔を合わせた時に「あの式は良かったね、あそこに頼んで正解だったね」と語り合えるような葬儀が出来ることを祈っております。

故人の宗教で違う、葬儀参列の基本的なマナー4つとは?

葬儀参列の基本的なマナーについて

葬儀は宗教によって行い方が様々です。
そこで参列した時に失礼にならないように基本的なマナーを知っておくととても便利です。
以下では4つ挙げてご説明したいと思います。
また、中野区では都内ということもあり葬儀業者もサービスのレベルが高い業者がそろっています。
様々な宗教に対応してくれる業者についてもご紹介したいと思います。

 

キリスト教の葬儀に参列する場合に押さえておきたいマナーとは?

キリスト教の葬儀が初めてという方でも大体の想像はつくかと思いますが、キリスト教では西洋の宗教であるため、日本の仏教とは異なっています。
そこで、キリスト教の葬儀に参列するときの注意点として、参列する際に知っておくと便利なことがあります。

まず、キリスト教にはカトリックとプロテスタントと言う二種類の宗教に分かれており、それぞれ宗派によって参列も異なります。

カトリックでは葬儀と告別式を別で行う方式です。
そして、葬儀では聖歌を歌います。
その後で開式の辞が行われ、神父が棺に向かって聖水を注いで献香します。
その後、葬儀のミサが行われます。
また、カトリックでは聖歌の後で個人の弔電などが紹介されます。
そして、その後、献花を行うと言った流れになります。
いくつかの流れを経て、最後に遺族の挨拶と終了となります 。
仏教の場合にもお香典となりますが、キリスト教ではお花料として包みます。
そして、白無地の封筒を用意して表にお花料と書いて葬儀の際に提出します。

無宗教の場合にはどうなる?

それでは、次に無宗教についてですが、こちらは特定の信仰を持たない人のことを言います。
そして、自分の意向に沿って取り行うことができて、自由葬とも言われています。
メリットは個人の好きな方法で葬儀を行うことができるというところです。

例えば、好きだった音楽を流したい、思い出の品を飾ったり、自由に最後を演出することができます。
最近では、自由な葬儀が 人気があります。
献花では、お花を置く前に一礼をすることを忘れないようにしましょう。
緊張して忘れてしまっても、叱られることはありませんが、せっかく参列したので、気持ちを込めて故人を送り出したいですよね。

中野区で様々な宗教に対応している業者とは?

中野区で様々な宗教に対応している葬儀業者を紹介します。
たいていの業者が、仏教、キリスト教、無宗教に対応しており、最近、人気を集めているアイユーメモリー想像メモリアルが対応をしています。
どちらの業者であってもこれらの宗教には対応をしているので安心ですね。

いかがでしょうか。
異なる宗教に参列した場合の基本的なマナーについてですが、どの宗教にも共通して言えることがあり、服装のことです。
黒で派手なアクセサリーは避けるということです。
次に、お香典についてですがキリスト教の場合にはお花料となり、白い封筒を用意します。
また、献花についてですが、必ず一礼をしてからお花を置くという流れになります。
そして、基本的な静かに個人を送り出すなどの一般的に問われるマナーを守ることが大切です。
ちなみに中野区にはいくつか葬儀業者がありますが、どちらの業者も様々な宗教に対応しています。
会社名をあげると、自由葬で人気があるアイユーメモリーや想像メモリアルです。

特にアイユーメモリーは自由葬では人気があるので、無宗教の人にはスムーズに葬儀を執り行うことができるといえます。
葬儀の参列は故人をしのぶものなので、決してしきたりに縛られるものではありませんが、たくさんの人が見守る中で執り行われるので、不安な思いをしないようにいくつかマナーを知っておくと安心ですよ。

サイト内検索
葬式・葬儀関連コラム