口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀の費用を安く抑える方法

葬儀の費用を安く抑える方法

 

葬儀の費用は実際に葬儀をしなければならないときに初めて気が付くものです。
実は葬儀費用の平均は195万円と言われており、非常に高額なことがわかります。
身内が亡くなり慌てて近所の葬儀社に見積もりを依頼したら200万円以上した、という話もよく聞きます。
しかし葬儀の費用は安くできないのでしょうか。
そこでここでは中野などの都心にもかかわらず、葬儀費用を安く抑える方法についてご紹介します。
都心であろうと地方であろうと、最近は共通した方法です。

 

葬儀費用の内訳を理解しておく

葬儀の費用の内訳をよく理解しておかないと業者の言いなりになってしまうということもあります。
バラバラで業者に依頼するということも可能でしょうが、非常に面倒なので見積もりの見方を知っておくとわかりやすいでしょう。

 

○葬儀費用一式

まず葬儀費用一式という項目があります。
これには遺体搬送から、通夜・告別式(葬儀)、火葬、火葬に必要な品物、人件費などです。
これに加えて飲食接待(通夜ふるまいなど)などがあります。
またこれに寺院費用として読経料や戒名料がかかります。

 

○具体的な費用

それぞれの費用について順に見ていきましょう。
まず葬儀費用一式に平均で121万円、飲食費用で30万、寺院費用平均で47万円かかるといわれています。
この葬儀の費用は一般的には葬儀プランと呼ばれるもので、今ではピンキリのプランがあります。

通夜ふるまいは火葬の後の精進落としの人数にもよります。
また一番問題になるのが寺院費用です。
これで非常にもめることも多く、この不明瞭な寺院費用でお寺離れが加速したともいわれています。

これは寺院だけの問題でなく、そもそも普段から寺院とは付き合いがない世代が増え、それに加えて戒名料が割高であり、読経料だけなら5万円で済むという場合もあるからです。

 

葬儀プランをどうするかで各段に安く抑えられる

葬儀を安くする、ということを考えると罰当たりと言われそうですが、実際は少し事情が違います。
今まで葬儀という分野は競争がありませんでした。
しかし数年前から自由化になったために、

競争が激しくなり、その結果良質で現代にあった葬儀スタイルが増えてきた

というのが本当のところです。

昔は火事場泥棒というくらい、悲しみにとらわれている遺族に平気で予定外の支出をさせてしまう悪徳葬儀社も横行していました。
ところが徐々にそのような葬儀社は減ってきました。
それはそのような行いをしてしまうと評判になり、徐々に仕事が減るからです。
ただし、今でもそのような業者がいることは忘れないでください。

 

○プラン

さて葬儀にはいろいろなプランがあります。
いわゆる家族葬という身内だけで行うプランなら参列者は10名から30名の間で行え、会社によっても30~50万程度の幅があります。
また火葬だけという直葬(ちょくそう)という葬儀もあります。
これは通夜・告別式を行わず火葬だけで送る方法です。
費用を極力抑えたい、すでにお呼びする参列者が少ない場合にこの方法が向いています。
このプランは多くが10万円台で済むところが多いはずです。

 

さらに葬儀費用を安くする裏技

国民年金保険加入者なら、亡くなって2年以内に申請すると1万~7万円の総裁費用が支給されます。
社会保険加入者は5万円の埋葬費が受け取れます。
また生活保護を受けていると自己負担ゼロで葬儀を行うことができます。

これはあまり言いたくない話ですが、たまにご遺体と一緒に暮らしていた、というケースがあります。
多くは高齢者というケースがあり、もっと早く行政に相談したほうが良いケースも多くなっています。
高齢の方は家族の面倒を最後まで自分たちで見るという精神が徹底しているので、このように悲しい出来事が起こることもありますが、葬儀費用は行政に相談することも可能です。
葬祭扶助という形です。
ぜひ覚えておいてください。