口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

知人の訃報を受けたときの葬儀の断り方や慰め方

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/11/25


訃報を受けるのは急なことであり、都合がつかなかったり遠方などあらゆる理由から断るケースもあるのではないでしょうか。その際に断り方を間違えてしまうと、大変失礼でマナー違反に当たるので気をつけなくてはなりません。断り方だけではなく慰め方もチェックしておき、残された遺族の悲しみや辛さに寄り添うことが大切です。

葬儀を断る時に伝える方法について

訃報が届いたからといって必ず葬儀に足を運ばなくてはならないというわけではなく、中野区でも訃報が届いても足を運ばない人も増えています。しかし訃報が届いたにもかかわらず、何も伝えずに行かないというのは失礼に当たってしまうので気をつけましょう。

欠席の連絡の方法としては、遠い親戚や友人、親しい知人となれば電話やメールで連絡をするなど、直接伝えることが大切です。あまり親しくない場合には、手紙で連絡するのもひとつの手段です。

遺族は身近な人をなくした悲しみの中で葬儀の準備もしなくてはならず、精神的な余裕がないケースが多いので、参列できないからとわざわざ直接会って時間を取らせるべきではありません。あまり親しくない場合には、電話も迷惑になりかねないので気をつけましょう。

電話を利用する際にもお悔みの言葉は伝えるべきですが、長く話し込んでしまい迷惑にならないようにする必要があります。やむを得ない事情があるなど、やんわりと断ることがポイントです。

伝えるタイミングと注意点について

葬儀に参列できない場合には、できる限り早く伝えることがポイントとなってきます。中野区でも葬儀を執り行うとなれば、遺族はある程度人数を予想して通夜振る舞いや精進落とし、香典返しを準備していたり会場の規模を決めているので、早い段階で断っておくことが誠意といえます。

訃報が来てから返信するまでの時間は、できる限り早くしておくべきです。断りにくいと感じてしまうのは当然のことですが、出欠をうやむやにするのは失礼であり迷惑をかける行ための一つといえます。

あまり親しくない間柄の場合には、手紙やハガキでの返信でも問題はありませんが、文字となればその分内容に気をつけないと、文章として残ってしまうのでマナー違反になった時には、後々までトラブルの原因になることがあるので気をつけましょう。

断りのタイミングや伝え方により、今後の相手との関係性にも大きな影響を与えることを理解しておくことが必要不可欠となってくるのではないでしょうか。

慰め方のポイントと気をつける点とは

身近な人を亡くして深い悲しみの中にいる遺族に対して、慰めの言葉をかけるのは当然のことであり、葬儀に足を運ぶことができるかどうかに関係なく慰めるための言葉は知っておく必要があります。弔問する場合にはごく短い挨拶の中でお悔やみの気持ちを伝えることになり、慣れない時には言葉選びで悩んでしまうのではないでしょうか。

お悔やみは故人の死を悼み悲しむだけではなく、遺族を慰めたりいたわる気持ちを伝えるものとなっています。どのように声をかければよいかわからない時には、無理に話そうとするのではなく、このたびはご愁傷さまですという、簡潔な言葉だけでも問題はありません。

忌み言葉を使わないという基本的なマナーはもちろんのこと、不吉な表現や直接的な表現も避けるようにしておきましょう。中野区の葬儀に参列できない場合には手紙でお悔みの気持ちを知ってもらうのもひとつの手段ですが、今の時代ならスピーディーにするために電話やメールを使うのも一つの方法です。

 

中野区で葬儀に足を運ぶことができない時には、失礼のない断り方をすることが大切になってきます。もちろん伝え方やタイミングも重要であり、断り方だけではなく慰め方に関しても把握しておくことで関係性にヒビが入る恐れを回避することにつながります。

葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索