口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

知っておきたい浄土宗の葬儀の流れやマナー・作法を解説

公開日:2023/12/15  最終更新日:2023/10/31

?

浄土宗は、日本でも特に多くの宗派信者を抱える仏教宗派です。浄土宗の葬儀は、一般的に「念仏葬」と呼ばれ、参列者も「南無阿弥陀仏」と唱えることが特徴です。本記事では、浄土宗の葬儀の流れやマナー・作法について解説します。浄土宗の葬儀に参列する予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも浄土宗とは?

浄土宗は、法然上人によって開かれた仏教宗派で、その教えは多くの人々に深い感銘を与えてきました。

法然上人は、阿弥陀仏の慈悲という至高の存在が、人々を救済し、極楽浄土に導く力を持っていると説きました。この教えは、浄土宗の核心であり、浄土宗の葬儀においてもその教えを反映させる重要な要素です。

浄土宗の教えは、生死の問いに対する解答を提供し、多くの信者に安心感と希望をもたらしました。この教えは、誰もが阿弥陀仏の慈悲によって極楽浄土に往生する機会を得られるというものであり、特に死という不可避の運命に向き合う際に、多くの人々の心の支えとなっています。

浄土宗の葬儀の特徴

浄土宗の葬儀は、仏教のなかでも特別な意味を持ち、参列者の心を阿弥陀仏の慈悲に向け、故人の冥福を祈る厳粛な儀式です。

その特徴は多岐にわたり、浄土宗の教えに基づく独自の儀式や作法が行われます。まず、浄土宗の葬儀は「念仏葬」として知られています。これは、故人が阿弥陀仏の慈悲によって極楽浄土に往生できるように、参列者も念仏を唱えることが特徴です。

念仏とは、阿弥陀仏への信仰と感謝を込めて「南無阿弥陀仏」と唱えることで、故人の冥福を願う行為です。この唱え方は、故人の魂が安心して次の世界へと旅立つ手助けとなります。また、葬儀の儀式には枕経、焼香、引導下炬などが含まれます。

枕経は、故人が臨終の際に枕元で唱えられる経文で、故人の安らかな往生を願います。焼香は、故人を偲び、故人の冥福を祈る儀式で、香炉に香を焚いて行います。引導下炬は、故人の魂を極楽浄土へと導くための儀式で、故人の霊が平穏な状態で次の世界へと移行するお手伝いをします。

浄土宗の葬儀マナーと作法

浄土宗の葬儀は、故人が阿弥陀仏の慈悲によって極楽浄土に往生できることを願って執り行われます。

参列者も念仏を唱え、故人を見送ることで、故人の冥福を祈り、故人とのお別れを惜しみます。

マナーや作法

浄土宗の葬儀マナーと作法は、他の仏教宗派と大きな違いはありません。

しかし、細かな点で異なることもあるので、基礎知識を身に付けておくと安心です。ここでは、焼香や数珠、香典について解説します。

焼香の作法

浄土宗の焼香に決まった回数はありません。その場の状況に合わせて1回〜3回が一般的です。

・香炉の前で合掌と一礼をする

・中指と人差し指、親指で香をつまみ、上に向ける

・片方の手を下に添え、つまんだ香を額に寄せる

・香炉の灰に入れ、合掌と一礼をする

線香に関しては、1本のみ立てる傾向にあります。地域の風習や僧侶の考え方により作法が違う場合もあるので、不安なときは事前に確認するのがおすすめです。

数珠

浄土宗では、二連の数珠を用います。女性用は「六万浄土」、男性用は「三万浄土」と呼ばれる数珠をそれぞれ使用します。

数珠の持ち方

数珠は、左の手首に二連ともかけるのが持ち方の作法です。

合掌のときは、数珠の中で最も大きな珠(親珠)を親指と人差し指の間に二連とも挟みます。

香典

香典の不祝儀袋の表書きには「御霊前」「御香典」などと記載します。

法事のときは「御仏前」とするのが一般的です。故人が亡くなったことへの悲しみを表現するため、薄墨を使うのがマナーです。

まとめ

浄土宗は、日本でも特に多くの信者を抱える仏教宗派で、その葬儀は一般的に「念仏葬」として知られています。故人と参列者が「南無阿弥陀仏」と唱えるのが特徴で、浄土宗の教えに基づく儀式が行われます。葬儀の流れは通夜、告別式、火葬、埋葬で構成され、故人の魂が安らかに極楽浄土に導かれる役割を果たします。葬儀マナーと作法では、焼香、数珠、香典に留意し、故人への尊敬と感謝の気持ちを表現します。

中野区の葬儀社情報(その他)
葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索

中野区でおすすめの葬儀社比較表

順位
サイト名
口コミ・評判
サイト
価格
会員制度の有無
特徴
1位
アイユーメモリーの画像

花祭壇20%OFF
担当スタッフは打ち合わせからアフターサポートまで同一にスタッフが対応
2位
あすなろ葬祭の画像
自社斎場がありプラン内容が豊富
3位
花葬儀の画像
フラワーデザイナーによる生花や花祭壇にこだわった葬儀が可能
4位
グランドセレモニーの画像
追加料金の発生しない丁寧な見積もりで良心的な価格設定が特徴
5位
むすびすの画像
葬儀関連のアイテムは選択幅が広くプランのカスタマイズが可能