口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

冬に行われる中野区の葬儀に参列するときの服装の注意点

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/31

中野区で葬儀に参列する際には、マナーには十分気をつけなくてはなりません。その中でも身だしなみは重要であり、気をつけなくてはならない点が多々あります。特に冬場の葬儀では服装で悩んでしまいがちですが、マナー違反にならないように気をつけながら、防寒対策もしっかりとして参列するように心掛ける必要があります。

男女問わず気をつけるべき基本のマナー

喪服は基本的に年中着用することができますが、中野区も冬場は寒くなるので喪服のみで参列することは不可能に近いのではないでしょうか。コートを着用したり手袋やマフラーを身につける人が多いですが、その際にはデザインのマナーやどこまで身につけたままで良いのか理解しておく必要があります。

喪服の上に着用するコートは黒のシンプルなデザインでシングルタイプがふさわしいと言えます。丈は短いとカジュアルな印象になるので、長めでフォーマルな印象になるものを選びましょう。

サテン生地やエナメル素材など光沢があるものがふさわしくないのはもちろんなこと、殺生をイメージさせる毛皮や革製のものは避けるようにしておくべきです。コートだけではなく手袋やマフラーといった小物類に関しても、十分気をつけることが参列する際のマナーであり、ウールやカシミアと言った素材を選んでおくとマナー違反にならずに済みます。男女問わず、素材とデザインには気をつけておきましょう。

女性が着用するタイツのマナーについて

女性はパンツスタイルだけではなくスカートタイプの喪服を着用することも多く、その際には一般的にはストッキングを履くことになります。冬場の寒い時期にはストッキングではなくタイツを履いても良いのかで、頭を悩ませるのではないでしょうか。

タイツはストッキングとは違い、肌が透けない厚みがあるのが特徴でありカジュアルな印象を与えてしまいます。そのことから基本的には葬儀でタイツを履くことは、マナー違反と考えておくべきです。ですがあまりに寒い時期となれば、無理して寒さを我慢して葬儀に参列するべきではないという考え方が今の時代の主流となっており、葬儀に対する考えも自由度が高まっている今の時代ではタイツでも問題はないとされつつあります。

もちろん分厚すぎたり飾りやリブ編みのものは避けるようにし、シンプルな黒のタイツを選ぶようにしておくとマナー違反と思われない可能性が高まるので、参列する際には気をつけるようにしましょう。

コートを脱ぐタイミングについて

冬場にはコートを着用して葬儀に足を運ぶことになり、コートの着用自体はマナー違反にはなりません。気をつけておかなくてはならないのが、コートを脱ぐタイミングではないでしょうか。

基本的には建物に入る前に脱ぐようにすべきであり、マフラーや手袋も同じタイミングで外しておくようにしましょう。脱いだコートはクロークに預けることが基本ですが、クロークがない場合には会場に手荷物として持ち込んでも問題はありません。

お焼香をする場所が野外という場合、その時だけは脱ぐことがマナーとなっているので着用したままお焼香しないように注意しておきましょう。出棺の儀式に関しては外で行われることになり、その際には寒さは感じても最後の見送りということを忘れないようにし、コートや手袋、マフラーは着用しないようにしなければなりません。

喪服に影響がないインナーとしてセーターを着用する分には問題はないので、中野区の冬の葬儀に参列する際の服装で悩んだ時には、インナーで調節するのも一つの手段です。

 

冬の中野区で葬儀に参列する際には、服装の注意点にはより気をつけるようにしておきましょう。素材やカラーはもちろんのこと、コートを脱ぐタイミングや着用していても問題はないシーンを理解しておくことで、マナー違反にならずに済みます。

葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索