口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀へ弔電を送る際のマナーとは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/04/28

葬儀は前もって日時が決まっているわけではないので、訃報が届いても参列できないこともあるのではないでしょうか。そういった場合にお悔やみの気持ちを伝えるために送るのが弔電ですが、ただ送れば良いものではなくマナーを守らないと失礼に当たってしまうので十分気をつける必要があります。

弔電を送るタイミングや流れについて

弔電を打つ機会は長い人生の間でもそう頻繁にあることではないので、いざ送るとなれば頭を悩ませるのは当然なことと言えます。近年では電報サービス業者は豊富にあり、文章例なども豊富にあり参考にすることができます。気をつけなくてはならない点の一つに、送るタイミングがあげられることはたしかではないでしょうか。

訃報が届くのは急なことであり当然弔電を送るのも急遽ということになりますが、急だからマナー違反があっても仕方がないというわけではないので十分気をつけておく必要があります。基本的には弔電は告別式で読み上げられるので、葬儀や告別式の数時間前には会場に届くように手配しておきましょう。

通夜や告別式の当日に必ず届くようにすることが重要であり、何時までに申し込めば即日配達可能かなど業者によるサービス内容の違いも比較して選ぶ必要があります。余裕を持っておくことが大切であり、前日までに手配し式の開始時間までに届くようにしておくと安心できます。

電話やウェブサイトから簡単に申し込めて、二十四時間いつでも対応しているからこそ信頼できる先を選んで利用するべきです。手違いから到着が遅れたり、後になって訃報を知るなど弔電を送ることができなかった場合には、後日改めて手紙や花を送ったり、故人宅を訪問するのも一つの手段です。

文章で気をつけておくべきポイントとは

弔電を打つときは遺族や故人に失礼がないようなマナーには気をつける必要があり、特に忌み言葉は使わないように気をつけなくてはなりません。不幸が繰り返すことを連想させる重ね言葉や不幸や死を直接表すもの、不吉な数字などを忌み言葉と呼んでおり避ける必要があります。

中野区でも一般的な葬儀マナーは押さえておくべきですが、それだけでは不安という場合には例分のテンプレートなどを使っても問題はありません。勿論それだけだとありきたりで味気ない内容になってしまうので、きちんと自分の言葉も使って考えた内容にすることも大切です、

送る場所や宛名で注意する点とは

通夜や葬儀、告別式が実施される住所に送るのが一般的であり、近年では葬儀は斎場や寺社となっていることが大半です。しかし中には遺族や故人の自宅が会場となっている場合もあるので、必ず会場を確認するようにしましょう。気をつける点の一つとして、受取人の住所ではなく通夜や葬儀、告別式の会場へ直接送るという点は頭においておくべきです。

故人宛にするべきかと考えがちですが、受取人は故人ではなく喪主とするのが一般的です。訃報を受けたら故人のみではなく喪主のフルネームを確認しておき、喪主と故人の関係性により弔電の敬称が変わってくることも頭においておき、故人と喪主の続柄も確認するようにしておく必要があります。

 

弔電を送ることは滅多にあることではありませんが、いざ送るときにマナーを知らなかったからといって失礼なことしても良いわけではないので、マナーはあらかじめしっかり確かめ守るようにする必要があります。送るタイミングや忌み言葉を使わないようにするといった基本から、敬称を間違わないように慎重に確認したり内容を故人との関係性に配慮して考えることも大切です。内容などのマナーにより、故人や遺族との関係に大きな影響を与えることになってしまいかねません。




葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索