口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀のお車代はどのくらい必要?

葬儀のお車代はどのくらい必要?

まず、お車代とは一体何なのでしょう。

お車代とは

葬儀を自宅や会場で行う時に僧侶の方に来て頂くための交通費を指し、お布施とは異なりあくまで僧侶に対するお礼となる費用のことです

 

では、そのお金は通常どれくらい必要なのでしょう。

 

 

 

葬儀の時のお車代はいくらが相場?

お車代の金額に関してはお住まいの地域によって大きく異なります

例えば、田舎では3000円くらいというところもあれば都心部では2万円を超える金額を用意することもあります。

しかし、全国的な相場としては5000円から1万円くらいが目安となっています

 

また、どうしても金額の判断ができない場合は直接僧侶の方にお聞きしましょう。
特に失礼にはなりませんので、安心して相談することが重要です。
ですが「僧侶の方に質問するのは気が引ける」と考えている方もいると思います。

 

その場合は親戚や近所の方、地元の葬儀屋などに尋ねてみるといいです。
そうすればきっとお車代の金額が分かるようになるでしょう。

 

 

 

 

お車代を入れる袋を用意しよう

そして、お車代の金額が決まって用意ができたらそれを入れる袋が必要です

基本的には、スーパーやコンビニエンスストアなどで市販されている水引が印刷された袋や奉書白封筒という色が真っ白な封筒が最適と言われています

 

また、入れる袋を決めたら色々と記入しなければなりません。

お車代を記入する際には普通の墨を使うのが一般的です。

 

そして、水引の袋と白封筒の両者の記入の仕方は以下の通りとなっています。

 

 

・水引の袋の場合

表書きには「御車料 △△家」または「御車料 △△(氏名のフルネーム)」と記入し、そして中袋には住所と金額と氏名を記入しておきます

また水引は中袋にお金を入れるので基本的に糊づけはしません

ですが、万が一糊付けをする場合は〆を書かなければいけないので注意が必要です。

 

・奉書白封筒の場合

表書きには「御車料 △△家」または「御車料 氏名(フルネームで記入)」と記入します。

また、中包みを入れた場合にはそこに住所と氏名と金額を記入する必要があります

さらに、白封筒の場合は口を糊づけしなければならないため〆と書いておくことを覚えておきましょう。

 

 

 

 

お車代はいつ渡せばいい?

お車代を渡すタイミングというのは、葬儀が終了したあとにお布施と共に出すことが常識です。

もし心配でしたら、僧侶の方か葬儀担当者の方に質問すれば渡すタイミングを教えてくれます。

きちんと葬式前にいつ渡せばいいか確認をとっておけば安心です。

 

 

〇手渡しではなく、お盆に置くこと

そして渡す際には直接手渡しするのではなく、お盆に置くことが一般的となっています

もしご家庭にお盆がない場合は、葬儀会社の方に頼めば借りることができる場合がほとんどなので、使用するなら前もって伝えておくといいです。

 

またお盆に置いた封筒の順番については、上がお布施で下がお車代となります

さらに無言で渡すというわけではなくしっかり感謝の気持ちを述べて僧侶の方に対して失礼がないようにすることが大切です。

 

 

 

 

参列した方々に対してお車代を支払う必要はある?

葬儀を行う時には、故人の関係者が各地から参列にやってきます。
その中には、飛行機や新幹線を利用してはるばる遠方から来たりする人も少なくありません。

そんな時に、心配になるが交通費です。
もし、かなり遠くの方から来た参列者に対してもお車代としてお金を支払わなければいけないのでしょうか。

 

結論から申し上げますと、お車代を支払う必要ないと考えられています

なぜなら亡くなったという知らせを聞いた人が来るか来ないかを判断し、自らの意思で参列をするかを決めているからです。

そのため、交通費は参列者ご自身で負担するというわけです。

なので参列した方々の交通費は一切考えなくて良いので安心です

 

 

 

 

お車代をきちんと把握しておこう

お車代は地域や状況によって変わる可能性があります。

ですから、きちんと前もって金額を把握しておくことが大切です。