家族葬と言われたらどこまで呼ぶ?費用や流れは? | 中野区の葬儀社おすすめBEST5!家族葬から大型葬まで対応の葬儀屋

家族葬と言われたらどこまで呼ぶ?費用や流れは?

公開日:2024/06/03

家族葬は家族を中心に、親しい関係者だけで故人を見送る葬儀形式です。小規模で執り行われるということもあり、誰を呼ぶべきか迷う方も多いのではないでしょうか。本記事では、家族葬の参列者の範囲、費用の目安や具体的な流れについても解説します。参列者の人数によって費用も変わるため、適切に判断したうえで葬儀を行いましょう。

家族葬とは

家族葬とは、故人の家族や親戚など、親しい人たちだけで行う葬儀のことです。規模や参加人数に特別な決まりはありませんが、一般的に30名以下の小規模で行われることが多いです。

家族葬の特徴は、参列者が少ないため、喪主や家族が弔問客の対応に追われることがなく、静かで落ち着いた雰囲気のなかで故人を見送ることができる点にあります。

また、故人との最後の時間をゆっくりと過ごせるため、家族一人ひとりが思い出を語り合い、心からの別れを告げることができます。

家族葬の参列者はどこまで呼ぶのか

家族葬と聞くと、文字通り家族だけで行うものだと思う方も多いかもしれません。しかし、家族葬に明確な定義はなく、参列者の範囲に決まった規則はありません。

家族葬は、故人や遺族の意向に基づいて、参列者をどこまで呼ぶかが決まります。そのため、家族や親類に限定せず、故人と親しかった友人や知人を招くことも十分に可能です。

とはいえ、実際のところ、家族葬は2親等以内の参列者のみで行われることが多いようです。2親等以内とは、故人の両親や子どもの家族、孫、祖父母、兄弟姉妹など、直系の家族や近親者を指します。この範囲内であれば、故人との関係が比較的近いため、自然と参列者の数が制限されることになります。

関係の近い親族を呼ばないという選択肢もありますが、葬儀後のトラブルを防ぐためにも、特別な事情がない限りは近親者を呼んでおくのが無難でしょう。

家族葬にかかる費用

家族葬にかかる費用相場は、約105.7万円です。しかし、この金額はあくまで平均値であり、人数・場所・宗教形式などによって異なります。

たとえば、自宅で少人数の家族葬を行う場合、費用は約50万円前後になることが多いです。小さめのセレモニーホールで20名規模の家族葬であれば、返礼品や飲食費用、お布施、宗教者の手配費用なども含めて、総額で約100万円前後になります。

このように家族葬の費用は、具体的な内容や条件によって総額に幅が出るため、事前にしっかりと計画を立てることが大切です。

家族葬は一般葬と比べて、費用を大幅に抑えることが可能です。一般葬の平均的な費用は約161.3万円とされており、これに対して家族葬の方が約50万円以上安くなります。

家族葬は基本的に親族や親しい友人のみが参列するため、斎場や祭壇も小規模なもので済みます。さらに、注文する料理や返礼品の費用も抑えやすいので、一般葬より安い金額で葬儀をあげることができます。

しかしながら、家族葬を選ぶ際には注意が必要です。家族葬は参列者が限られているため、香典収入があまり見込めない場合が多く、実質的な持ち出し費用が一般葬よりも増える可能性があります。したがって、家族葬を検討する際には、予算と実際の費用とのバランスを慎重に考慮することが重要です。

葬儀費用の内訳

家族葬の費用は多岐にわたる項目から成り立っています。そのなかでも、基本の葬儀費用、飲食・接待にかかる費用、寺院に支払う費用の3つが主要な部分を占めます。

まず、基本の葬儀費用には、基本葬儀料金(祭壇や式典運営にかかる人件費)、棺や生花などの付帯費用、車両費用、式場使用料、葬祭用品の費用、火葬場での費用が含まれます。これらはすべて、葬儀のスムーズな進行を支えるために欠かせない費用です。

飲食・接待にかかる費用には、通夜ぶるまいや精進落としといった場で提供される飲食費用、参列者にお渡しする返礼品の費用などが該当します。これらの費用は、参列者に対する感謝の気持ちを表すために必要なものです。

寺院に支払う費用には、お布施(戒名料や読経料)が含まれ、戒名は故人に授けられる名前であり、読経は葬儀の重要な一部です。また、御膳料やお車代も含まれます。これらは、僧侶が葬儀に参加する際の負担を軽減するための費用です。

なお、家族や親族のみで行う家族葬の場合、会食の席を設けないケースも増えています。このような場合は、事前に参列者や僧侶に伝えておくことが重要です。会食を行わない場合は、参列者への粗供養品や弁当、僧侶への御膳料に配慮を行いましょう。

家族葬の流れについて

家族葬は親しい家族や友人のみで行うシンプルで温かみのある葬儀形式です。基本的な流れは一般の葬儀とほぼ変わりませんが、知っておくと安心です。葬儀・告別式までの具体的な流れについて確認していきましょう。

ご危篤

危篤の知らせを受けたら、迅速にその旨を知らせるべき関係者に伝えます。親族や親しい友人、職場の同僚などに連絡を入れましょう。

可能であれば、この時点で葬儀社に関する情報収集を始め、相談しておくと後々の準備がスムーズになります。葬儀社の選定は慎重に行い、家族葬に対応しているか、希望する葬儀の形式に合ったサービスを提供しているかを確認しましょう。

ご逝去、ご安置

病院や介護施設でご逝去された場合は、退院・退所の手続きを行います。これに先立ち、まず葬儀社に連絡し、ご遺体の移動先を決めます。ご安置先の候補としては、自宅、葬儀施設、火葬場などになりますが、それぞれ受け入れの条件があるため、事前に確認が必要です。

故人がご安置先で数日間を過ごすことを考慮し、面会や付き添い、納棺についても確認しておくことが大切です。家族がしっかりと納得したうえで移動先を決定しましょう。

家族葬の打合せ

日程や内容について葬儀社と詳細に話し合い、具体的な計画を立てます。家族葬の日程を決める際には、宗教者の都合や火葬場・霊柩車の空き状況など、複数の要素を調整する必要があります。希望の日程で葬儀を行うには、各方面との調整を慎重に進めることが重要です。

また、家族の意向や故人の希望を反映した内容を葬儀社と共有し、進行を確認していきます。

お通夜の準備

家族葬の日程が確定したら、お通夜の準備を進めます。参列者に日時と場所を伝え、必要な手配を行います。

棺に納める副葬品についても注意が必要で、火葬場ごとに納められる品物の規定が異なるため、事前に葬儀社に確認しておきましょう。また、お通夜に必要な備品や装飾の準備も進めます。

お通夜

お通夜当日は、葬儀社が全体の準備や進行を担当します。いただいた供花や弔電の送り主を確認し、弔問に訪れた方々へのお礼をスムーズに伝えられるようにしましょう。

葬儀・告別式

葬儀・告別式では、故人との最後の別れを行います。故人との思い出を語り合い、心静かにお別れをする場となります。

一般的な葬儀・告別式は、弔辞・弔電の読み上げ→最後のお別れ・喪主挨拶→出棺→火葬→会食という順で進みますが、家族葬の場合にはこれらのステップが簡略化されることがあります。

まとめ

家族葬は、故人の家族や親しい人たちだけで行う小規模の葬儀です。参列者の範囲に明確な定義はなく、故人や遺族の意向によって決まりますが、一般的には2親等以内の親族のみで行われるケースが多いです。費用相場は約105.7万円ですが、内容や条件によって変動します。家族葬の流れとしては、ご危篤時に関係者へ連絡し、逝去後は葬儀社と相談してご遺体の安置場所を決めます。打ち合わせで日程や内容を決め、お通夜や葬儀・告別式を行います。家族葬は故人との最後の時間をゆっくり過ごし、心からの別れを告げる場です。事前の計画と調整が重要であり、参列者への配慮も忘れないようにしましょう。

中野区でおすすめの葬儀社比較表

イメージ
引用元:https://www.iumemory.co.jp/
引用元:https://709832.com/引用元:https://www.hana-sougi.com/
引用元:https://www.grandsougi.co.jp/

引用元:https://www.urban-funes.com/
会社名アイユーメモリーあすなろ葬祭花葬儀むすびす(旧アーバンフューネス)アーバンフューネス
特徴担当スタッフは打ち合わせからアフターサポートまで同一にスタッフが対応自社斎場がありプラン内容が豊富フラワーデザイナーによる生花や花祭壇にこだわった葬儀が可能追加料金の発生しない丁寧な見積もりで良心的な価格設定が特徴葬儀関連のアイテムは選択幅が広くプランのカスタマイズが可能
詳細リンク詳しくはこちら 詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら