口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

夏の葬儀でクールビズはあり?

公開日:2018/12/15  最終更新日:2019/07/18

暑い時期のお葬式の場合は軽装が通用するのか知っておきたい人が多いと思いますが、基本的には軽装は厳禁になっており、男女共に肌の露出は控える必要があります。

男性の場合は黒のジャケットやネクタイを必ず着用し、女性の場合は半袖のワンピースでも良いですが、長袖のジャケットを着用しましょう。

夏用の冷感素材の喪服が販売されているので、購入しておくと便利です。

 

 

夏のお葬式でもお肌の露出は避けて下さい

会社などの企業ではノーネクタイ、半袖シャツ、ノージャケットなどのクールビズスタイルが定着していますが、葬儀などでは通用するのか知っておきたい人が増えています。

基本的には真夏にお通夜や告別式に参列をする時でも、男性の場合は黒のジャケットやネクタイを着用するのが常識になっていますが、ジャケットの下に着用するシャツは半袖でも問題ないことが多いです。

女性の場合も肌の露出を抑えてジャケットを着用したり、スリットの入っていない長めのスカートや黒のパンストを着用することが大事です。

若い世代も基本的な葬儀のマナーを身に付けておきましょう。

 

夏用の冷感素材の喪服を購入しておきましょう

友人や知人、上司、親戚の人などの訃報は突然入るので、真夏の暑い時期にお葬式に参列しなければならない時もあります。

基本的にはお葬式などの厳粛な場では軽装は厳禁ですが、人前で汗をかいているのは見苦しいと感じている人が多いです。

現代は夏用の冷感素材を使用したブラックフォーマルの喪服が販売されているので、一度お店に足を運んでみると良いでしょう。

自宅で洗える素材のウォッシャブルの喪服も販売されているので、汗をかきやすい時期は購入しておくと便利です。

 

基本的には男女共に黒の喪服を着用します

年齢を重ねると就職や結婚を経験して、交友関係や親戚付き合いなども増えるので、真夏や残暑の厳しい時期にお通夜や告別式に参列する機会があります。

男性の場合は黒のジャケットやネクタイは必ず着用するのが大人のマナーになっています。

女性は上品で落ち着いた雰囲気のワンピースやスーツを着用して、長い髪の場合は束ねておくと、涼し気な印象になります。

住んでいる地域や宗派によっても多少の違いがありますが、お通夜の時も黒の喪服を着用する所が増加しています。

 

日本の夏は高温多湿なので病人や高齢者は体調を崩しやすく、お葬式が増える時期でもあります。

真夏などの暑い時期にお通夜や告別式に参列をする機会も多いですがお葬式は厳粛な場なので失礼のないよう事前に調べておきましょう。

 

サイト内検索
葬式・葬儀関連コラム