口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀の席順にはどのような決まりがあるの?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/01

お葬式のマナーを学んでいると席順で迷うことなく、周りを見ながら自分の席を知ることができます。一般的に祭壇近くの前の席は、故人との関係性が深い方が座り、友人や仕事関係の人は一般席である祭壇に向かって左側に座るなど、基本的なマナーを学ぶことも大切です。

故人との関係性の深さとお焼香の順番

お葬式のマナーを知っていると、基礎知識が身についている分、落ち着いた対応ができますが、分からないことが多いと、どこに座ればいいかだけでも迷ってしまう方は多いです。

仕事をするときも、取引先の方との会議や接待で、どこに座ればよいのかなど、マナーをきちんと知っていないと困ってしまうことがあります。急な葬儀出席など、さまざまなケースを考えて、冠婚葬祭に関するマナーもきちんと学び、備えていくことができるようにすると、相手に失礼な対応をしないように注意できます。

お葬式で席順が持っている意味はいろいろありますが、故人との関係の深さも大きな意味を持っており、基本的には祭壇に近い方から順に関係性が深くなります。祭壇から遠くなっていくと関係性が浅い場合もあるため、周りを見ながら、自分の席順を考えていくことも大切なポイントです。

お葬式によって、進め方が少し異なるケースもあり、いろんな人が席順をあまり細かく決めないようにしてくれる場合もありますが、お焼香をおこなう順番は大事です。お焼香をおこなう順番に席に座っていると、葬儀会場での人の移動をスムーズに進めていくことができ、次は誰になのかなど、場が混乱することもなくなります。

お葬式でも上座や下座があることに注目する

ビジネスシーンでもよく言われる上座・下座は、お葬式でもあり一般的に祭壇に近いところが上座で、遠い後ろの列が下座になります。葬儀会場によって、空間のかたちに違いがあっても、基本をしっかりと押さえていると、場所や宗派の違いにも柔軟に対応できます。喪主や遺族など血縁関係の近さにも注目することで、上座に座る人が分かりやすくなり、優先して席に案内することもできるようになります。

また、祭壇に向かって左側は親族の方以外が座る一般席となっていることが多く、友人や仕事関係の方が座ることが多いです。社会人となり、人脈が広がっていく中で、仕事関連の方のお葬式に出席する必要が出たときに、左側に座ることを意識するとミスなく座れます。

柔軟に対応できることも重要になる

葬儀のマナーをしっかりと押さえて、マナーを守ることは重要ですが、状況によって柔軟に対応できることも大切です。中野区でのお葬式を進める際に、地域独自の風習があれば、それに合わせて少し変えていくこともありますし、柔軟に対応できる中野区の葬儀会社もあります。

また、小さなお子さんを連れた方が葬儀に来られる場合、赤ちゃんがいても、安心していられるように周りが配慮することも大切です。通常は祭壇の前に座ってもらう場合でも、おむつ替えなどで途中で席を離れることができるように、出入り口近くに席を用意すると安心してもらえます。移動しやすい席に案内してあげたほうが、相手も気を使うことなく、座ってもらうことができるため、周りがやさしく見守っていき、サポートできることも大切です。

 

一般的にお葬式の席順は、故人との関係が深い人が祭壇近くの前に座ることが多く、お焼香をスムーズに進められるように、席順を決めることもあります。お葬式のマナーをしっかりと学び、仕事関係の方のお葬式に出席する場合も、恥をかかないように、あいさつや座る席を間違えないように考えることが大切です。

家族葬など、規模の小さなお葬式の場合、あまり細かなルールを作ることなく、席順も特に気にしないかたちで、進めていくことも可能です。家族葬のプランもあり、葬儀会社に相談をしながら、安心してお葬式を進めていけるように考えていくことも重要になります。

葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索