口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

コロナ罹患者の葬儀は火葬のみ?知っておきたいルール

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/11/26


世界的に脅威となっている新型コロナウィルスですが、いざ感染し亡くなってしまったときには葬儀はどうしたらよいのか不安という人も多いのではないでしょうか。火葬のみであり病院から火葬場に直行となるので、最後の別れもできないといった印象がありますが、一概に火葬のみというわけではないことやルールも頭に書いておく必要があります。

新型コロナウィルスで亡くなった時の流れとは

臨終後には葬儀社に問い合わせて葬儀を執り行うことになりますが、新型コロナウィルスで亡くなった場合には、まずそのことを伝える必要があります。新型コロナウィルスが流行し出した頃は、火葬のみで葬儀は執り行うことができないとされていましたが、近年では葬儀をできるように対応してくれる葬儀会社も増えています。

病院に前例がある場合には、病院に相談してみると対応可能な葬儀社を紹介してもらえます。対応可能な葬儀社が見つかったら病院まで棺を持ち込んでもらい、故人は医療従事者か葬儀社の手により非透過性の納体袋に収容されて、密封され棺に目張りがされた状態での移動となります。

中野区には数多くの葬式会社が存在していますが、新型コロナウィルスで亡くなった場合に対応可能となっている葬式会社はそう多くはありません。自分で調べてもわからない時には、病院に相談してみると最適なアドバイスをもらえることも多くなっています。

通夜式や葬儀の内容や流れについて

一般的な葬式とは異なり、中野区でもコロナで亡くなった人の通夜式や葬儀では棺を開けることはできませんが、通夜や葬式を行ってはならないと決まっているわけではありません。遺族による強い希望があり、葬式会社や僧侶の了解がある場合には儀式を執り行うことは可能です。

しかし感染症予防の観点からみると、新型コロナウィルスに感染して亡くなった場合に、葬式を実行することはかなり困難を極める方は頭においておかなくてはなりません。通夜や葬式ができない時には、オンラインで葬式を執り行うのもひとつの手段です。

火葬には最小限の人数で出棺することになり、状況によっては遺族が待合室を利用できない場合や、収骨ができない場合もあることは理解しておく必要があります。

なかなかには数多くの葬式会社が存在していますが、新型コロナウィルスに関してはまだ積極的にはなっていないところが大半であり、対応してもらえないことも珍しくはありません。通常の方式とは異なる点が多いので、金銭面の負担が大きくなる可能性があることも頭においておきましょう。

注意しておくべきポイントについて

新型コロナウィルス感染症で亡くなったとなれば、中野区でもこれまでどおりの葬儀をするのは難しいと言わざるを得ません。葬儀の場は三密が揃いやすい場所であり、密にならないようにする工夫をして執り行うことが必須となってきます。

依頼先選びが重要なポイントになることは確かであり、引き受けてもらえるかだけではなく感染症に対する対策や安全への取り組みに充分力を入れているかに注目しておく必要があります。臨終から火葬まで遺体や棺を扱う事業者は必ず手袋を着用して、不織布マスクやゴーグルだったりフェイスシールド、防護服を着用するなどあらゆる感染防止に努めなくてはなりません。

安置後は感染するリスクがあることから故人に直接遺族が接触することはできなかったり、しっかりとした対策をしてからとなっています。当然依頼先による違いがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。安全性を重視するのであれば、火葬のみ先に行い後日改めて、お別れの会や偲ぶ会を開催するのもひとつの手段です。

 

中野区には数多くの葬式会社が存在していますが、新型コロナウィルスで亡くなった時に対応してくれる会社はそう多くはありません。しかし火葬のみしかできないというわけではないので、どうしても葬式を執り行いたい時には相談してみるようにしましょう。

葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索