口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀の受付を頼まれた時のマナーとは?

葬儀でのマナーは色々ありますが、受付を頼まれた場合のマナーは意外と知らない人が多くいます。

実はこちらにも色々マナーがあり、きちんと対応しないと常識がない人と思われてしまう場合もあるでしょう。

ではもし実際に頼まれた場合、どの様な点に注意するべきなのかマナーについて詳しく紹介しています。

ぜひ一般常識として覚えておきましょう。

 

マナー違反にならない様に気をつけよう

人生の中でお葬式など葬儀に参列することが何度かありますが、その際に参列するにあたりマナーというものがあります。

服装であったり参列の仕方など色々ありますが、受付を頼まれた場合のマナーがあることをあまり知らない人がいます。

もちろん受付にもマナーがあり、頼まれたのであればマナー違反をしない様にきちんと対応しなければいけません。

では実際どの様なマナーがあるのでしょうか。

まず服装ですが参列する場合と同様で男性は黒いスーツ、女性は黒いスーツまたは黒いワンピースを着用します。

この場合、めでたい席ではないので光沢のあるバッグや靴などは避ける様にしましょう。

また、アクセサリー類も派手なものは避け出来るだけシンプルで目立たないものにしましょう。

女性の場合メイクをする人も多いかと思いますが、その場合もあまり派手になりすぎない様に、すっぴんに近い薄化粧が望ましくなっています。

遺族に代わり参列者へ最初に挨拶や対応をするので、相手に対して失礼のない様に対応しなければいけません。

最初の対応で印象が決まってしまうので相手に対して失礼のない様な行動を行いましょう。

 

準備をしっかりして万全の体制で

また、事前に色々準備をしなければいけないものもあります。

受付の仕事はまずは参列者に挨拶をして香典があればそれを受け取ります。

その後芳名帳に記帳をしてもらい返礼品を渡します。

また、その時々に応じて会場の案内なども行う場合もあるでしょう。

そのため、芳名帳やボールペン、その他返礼品の準備なども行いましょう。

また、トイレの場所など色々聞かれる場合もあるので会場内がどの様になっているのかも把握しておく様にしましょう。

受け取った香典はしっかり管理をしなければいけないので事前に保管場所なども確認しておくことをおすすめします。

実は色々と準備をしなければいけないことがたくさんあるのでしっかり覚えておきましょう。

そのためには事前に喪主などにも確認しておくことをおすすめします。

 

丁寧な言葉づかいや対応をしよう

最初に遺族に代わり参列者に対して挨拶をする場合は相手に対して失礼のない様な言葉づかいをしなければいけません。

挨拶としては「本日はお忙しい中おこし頂きまして有難うございます」など丁寧な挨拶を心がけましょう。

また、もし天候が悪い日であれば「本日は足元の悪い中お越し頂き有難うございます」と、こちらも丁寧に挨拶をしましょう。

丁寧な言葉づかいやふるまいは基本です。

わざわざ来て頂いているということをしっかり頭の中に入れ、きちんと挨拶をすることが大切です。

また、お葬式当日は多くの参列者が訪れます。

気を抜かずその都度きちんと対応しなければいけません。

いつどこで誰が見ているか分からないので、常に失礼のない行動であったり言葉づかいをする必要があるでしょう。

きちんと常識をわきまえ、対応することがスムーズに葬儀を進める上で大切になってきます。

あまり経験のないことなので分からないこともあるかもしれませんが、分からないことは事前に確認しておくなどして最後まできちんと対応しましょう。

 

葬儀での受付を頼まれた場合、遺族に代わり参列者に対応をしなければいけません。

そのため、失礼のない服装であったり言葉づかいを心掛けることが大切です。

また、会場の準備であったり参列者が来る前に必要なものを揃えておき、スムーズに開始することが出来る様にしておきましょう。

サイト内検索
葬式・葬儀関連コラム