口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀に結婚指輪は外して行くべき?

お通夜や告別式などの葬儀に参列をする時は、黒や白の真珠のネックレスやイヤリングを着用しますが、指輪はどうでしょうか。

結婚指輪の場合はシンプルなデザインで、落ち着いた色合いのプラチナ素材の商品は、基本的には着用しても良いと言われています。

結婚の指輪の場合でも派手な色や、宝石を付けている商品は、念のために外したほうが良いでしょう。

お葬式では普段よりも、メイクなども薄めにする必要があるため、アクセサリーのマナーも知っておく必要があります。

シンプルな指輪は付けても良いです

20代から、30代ぐらいの年齢になると、交友関係が増えたり、結婚を経験するため、友人や知人、親戚、親族、近所の人などの葬儀に参列をする機会が増えてきます。

お葬式に参列をする時は遺族や家族に、配慮をする必要があるため、基本的な服装のマナーを知っておく必要があります。

アクセサリー類は、白や黒の真珠のネックレスやイヤリングなどを着用しますが、指輪のマナーを知っておく必要があります。

基本的には装飾性の高いファッションリングの装着は避ける必要があります。

プラチナなどの素材を使用した落ち着いたデザインの結婚指輪の場合は基本的には付けても良いと言われています。

故人の供養を行い、見送るための大切な儀式なので、失礼のないように配慮をする必要があります。

ネックレスも2連のものは避ける必要があります。

派手なデザインの指輪は外した方が良いです

大切な人の訃報は突然入るため、若い年代の人はお葬式の服装やアクセサリーのマナーを身に付けておく必要があります。

黒や白などの真珠は着用しても良いので、1連になったネックレスを着用するのが一般的です。

2連になっているものは慶事用なので避けることが大事です。

20代以降の年代になると結婚を経験する人が多いため、日常的に装着している指輪を外したほうが良いか、迷っている人が少なくありません。

現代はイエローゴールドやピンクゴールドなどの派手な色合いや、ファッション性の高い指輪を購入している人も増えています。

結婚指輪の場合でも色が派手だったり、装飾性の高いデザインの場合は、遺族などの身内に配慮をして外したほうが無難です。

お葬式の場では多くの人が参列をするため、常識がないと思われないように配慮をする必要があります。

宝石が入った指輪は外したほうが良いでしょう

親戚や親族としてお葬式に参列をする機会が多いですが、プラチナ素材でシンプルなデザインの指輪の場合は、基本的には着用しても問題ないと言われています。

装飾性が高く、ダイヤモンドや宝石が入った商品は外したほうが無難です。

ゴールドやシルバーなどの素材を使用した指輪は、独創的なデザインの商品が多いため、派手な印象を与えてしまう場合は、装着をしない方が良いでしょう。

結婚指輪はデザイン性の高い商品が増えているため、悲しみの場にそぐわないと感じている場合は外したほうが良いです。

普段よりもメイクを控えめにしたり、肌の露出を抑えた黒の喪服を着用するのが一般的です。

20代、30代を過ぎると、お葬式に参列をする機会が増加してくるため、基本的なアクセサリーや服装のマナーを身に付けておくことが大事です。

まとめ

お通夜や告別式などの葬儀に参列をする時は、アクセサリー類のマナーを身に付けておく必要があります。

基本的には黒や白などの真珠のネックレスやイヤリングは大丈夫ですが、指輪は外したほうが良いか知っておく必要があります。

プラチナ素材でシンプルなデザインの商品は、装着をしても良いですが、派手な印象を与えてしまうイエローゴールドやピンクゴールド、宝石が入っている指輪は外したほうが良いでしょう。

お葬式は故人の供養を行い、見送るための儀式なので基本的なマナーを身に付けておく必要があります。

サイト内検索
葬式・葬儀関連コラム