口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

費用だけじゃない!家族葬での葬儀のメリットとは

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/11/25


時代の流れとともに葬儀に対する考え方にも変化があり、近年では規模の小さな葬儀を選択する人が多くなりました。家族葬は年々ニーズを高めており中野区でも珍しいことではなくなりましたが、いざ執り行う立場となれば本当に家族葬でよいのか悩むのではないでしょうか。費用を始めメリットを理解しておくことで、納得する葬儀を執り行うことができるようになります。

内容を比較的自由に決めることができる

故人と縁がある多くの人が参列する一般的な規模の葬儀は、会葬者の目もあるので昔ながらのしきたり通りの葬儀内容にすることが一般的です。しかし家族葬の場合は、本当にごく身近な少人数で執り行うことになるので、周囲の目を気にする必要がなく内容も自由に決めることができます。

故人の希望があった場合にはそれを叶えてあげやすいというのも、家族葬の利点であり特徴ではないでしょうか。見栄を張る必要もないので無理にグレードアップさせる必要もなくなり、お金をかけたい部分にはかけて、不要だと感じるところは必要最低限のものにすることが可能です。

一般的な葬儀と内容や流れはほとんど変わらないので、しっかり見送ることができますが、その中でもこだわりたい部分にはしっかりこだわりを持った内容にすることが可能となっています。一般葬儀よりも自由度が高いことから、中野区でも家族葬を選ぶ人が増えており、選択肢の幅がより広がっているのも利点といえます。

精神的な負担も軽減させることができる

人が亡くなるのはいつどのタイミングになるかは誰にもわからないことであり、いざ身近な人が亡くなった時には深い悲しみの中で葬儀の準備も進めて行かなくてはなりません。そうなると精神的な負担はかなり増して、冷静な判断ができなくなってしまいがちです。規模が大きくなればなるほど準備も大変であり、精神的な負担も膨らんでしまっていくのではないでしょうか。

家族葬なら規模が小さい分、準備の手間も軽減させることができるのが特徴の一つです。家族や親族、本当に親しい友人などごくわずかな人しか参列しないからこそ挨拶など精神的な負担も大幅に軽減させることにつながります。

香典返しや挨拶はプレッシャーも大きくなってしまいがちな点であり、金銭面の負担以上に精神的な負担が多くなりがちです。家族葬となれば精神的な負担が軽減することは明らかであり、人数が減ったり本当に身近なごく親しい人だけならばプレッシャーに感じる必要もありません。

ゆっくりとしたお別れをできる

中野区でも一般的な規模の葬儀では本当に別れを惜しみたいと考えている家族が、ゆっくりと別れの時間を過ごすことができないケースか大半です。葬儀の準備に追われたり会葬者に対する挨拶や対応など、悲しみに浸る暇もなく終わってしまい後々後悔するケースは珍しくありません。

家族葬は身内やかなり親しいごくわずかな人のみで執り行うことができるので、ゆったりした別れの時間を過ごすことができます。義理や付き合いだけの参列者がいないので、ほとんど面識がない人もおらず気を遣う必要がなく、焼香の時間や順番で煩わしいと感じる必要もありません。

通夜振る舞いや精進落とし、香典返しといった飲食接待費を大幅に軽減させることができるという点は大きなメリットですが、本当に別れの時間を過ごしたいと考えている人のみでゆっくりと見送ることができ、気持ちの整理をつけやすいのは規模が小さい家族葬ならではの利点であり、近年中野区でも家族葬が増えている理由の一つといえます。

 

自由度が高く故人や家族の希望に合った葬儀内容にできたり、準備の手間も軽減して当日の精神的な負担も大幅に減らすことができます。ゆっくりと別れを惜しみたいと考えている人だけで最後の時を過ごすことができるのも、大きな利点です。

葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索