口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀によく使われる花の種類と花言葉

公開日:2021/02/01  最終更新日:2020/11/26


中野区の葬儀の際にも祭壇の周りにはお花が数多く飾られます。花を飾るという行ためは仏教説話や極楽浄土がお花畑のようであるため無事に旅立てるように、再生をできる植物を飾ることにより新しく生まれ変わることができるように、などの願いが込められています。

葬儀で最もよく飾られるカサブランカ

葬儀の際よく飾られるのは、百合の種類であるカサブランカです。百合は栽培植物の中でも最も古い種類であるとされており、葬儀にふさわしい植物として知られています。

百合の中でもカサブランカはとくに大輪であり、さらに華やかさが際立つ気品のある花で、花言葉は「高貴」や「清浄」「威厳」などとなります。そのため葬儀のような悲しみの場でも凛とした立ち姿で咲き誇り、生前の故人の姿を重ねることもあります。

またカサブランカの香りはリラックス効果があるとされており、より参列している人の気持ちをほぐす作用もあるとされています。中野区においても故人に枕花を飾りますが、華やかであるカサブランカはとげがなく、さらに大きさもちょうどよいことから多く使用されています。

なお百合には白以外にもオレンジやピンク、黄色がありますが、オレンジは「華麗」、ピンクは「虚栄心」、黄色は「陽気」という花言葉があります。葬儀の際にはオレンジ、もしくは白色を選ぶとよいでしょう。

菊でもスプレーマムは雰囲気を明るくする

葬儀の代表的な花に白色の菊があげられます。少し前までは祭壇に飾るのは菊であることが多く、葬儀と菊は切っても切れない関係にありましたが、近年では通常の菊を飾ることは減少傾向にあります。これは白色があまりにも葬式を連想させてしまうことが理由の一つとしてあげられます。

そのため葬儀自体は厳かに行われますが、暗い雰囲気は故人にふさわしくないと、中野区の葬儀においてもあえて華やかさを演出することがあります。華やかさを演出するのにふさわしいのは百合の他にスプレーマムがあげられ、スプレーマムは洋菊ともいわれています。さまざまな色や形の小さな植物は見ていても和み、暗さを感じさせません。

スプレーマムの花言葉は「自立心」や「高潔」「謙遜」などの意味がありますが、愛らしさを象徴するように「友への記憶」や「清らかな愛」といったステキな言葉もあります。祭壇にふわっと飾られている様子は控えめながら存在感があり、参列している人の心も和ませてくれます。

キリスト教でも飾られるカーネーション

中野区では一般的な仏教式の他に、神道式やキリスト教式の葬儀も行われます。仏教式だけでなくキリスト教式でも使うことができるのがカーネーションであり、キリスト教においては百合やバラと並んでよく使われています。

カーネーションは母の日に贈るイメージが強いですが、葬儀の際に使用するのは白色です。

白色のカーネーションには「亡き母を偲ぶ」「愛が生きている」といった意味の他に「純潔」「純粋な愛」「尊敬」といった意味もあります。白色のカーネーションは聖母マリアの涙から生まれているといい伝えられており、キリスト教では大変深い関係のある花です。

さらにしっかりとした茎をしているため、すぐに枯れることがなく扱いやすいのも葬儀の際に用いられる理由となっています。

なおカーネーションは色によって花言葉が異なります。ピンクは「感謝の心」、紫は「気品、誇り」、珍しい青色は「永遠の幸福」、そして赤色は「母への愛」を意味します。

 

中野区の葬儀では、とげがある植物は使用できませんが、バラであればとげを取ることによって飾ることができ、基本的に故人が好きだったものを飾ることができます。花言葉を考えることで故人へのメッセージとなるほか、遺族の思いを伝えられます。

葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索