口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀社の営業時間は24時間?

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/03/27

家族や親族が亡くなった時は、お通夜やお葬式のために葬儀会社の方に連絡をするのが一般的です。

ただ、何度も利用するものではないので、営業時間がどうなっているかなど、分からないことも多数あるのではないでしょうか。

では実際に葬儀会社に連絡をする場合は、対応している時間が限られているのか、それとも24時間対応可能なのか、詳しく見ていきましょう。

 

人が亡くなる時間はバラバラ

人が亡くなる時間は朝に偏っているとか、夜間が多いなど、偏りがあるわけではなく、その時間帯はバラバラです。

とは言え、亡くなった時期に関係なく、遺体はすぐに硬直が始まり、さらにそのまま放置しておくと腐敗も進んでしまいます。

そのため、一刻も早く葬儀会社の方に連絡をして、正しく安置してもらわなければなりません。

そこで葬儀会社の方は病院などから連絡が来たらすぐに対応して遺体を安置するために、24時間365日の対応となっています。

 

時間帯によって対応が変わってしまうことはない

24時間365日といっても、やはり時間帯によって対応が違ってしまうのではないかと心配する人もいるでしょう。

しかしそれに関しては全く気にする必要はなく、早朝でも深夜でも、日中とおなじように対応してもらうことができます。

また時間帯に関係なくすぐに駆けつけてくれるので、はじめての葬儀で困っていたとしてもすぐに助けてくれます。

だから、営業時間外だから音声案内になっているので、時間内に再度電話をしなければならないということもありません。

ご家族、親族が亡くなったらすぐに対応してもらうことができるようになっているので安心できます。

 

スムーズな対応をしてもらうために

葬儀会社は24時間対応となっているので、いつでも電話をして対応してもらうことができるようになっています。

だから時間を気にして連絡できないとか、営業時間まで待たなければならないということは基本的にはありません。

しかし中には営業時間が設けられているところもあるので、その場合は時間内に電話をすることになります。

葬儀会社の方は通夜や告別式に関してはプロなので、全てお任せにしても何も問題はありません。

もちろん夜間でもご遺体を病院の方に迎えに行ってくれるし、それを指定したところで安置してもらうこともできます。

ただ、その際スムーズな対応をしてもらうためにも電話で色々な情報を伝える必要があるので注意しましょう。

まずは病院名、さらにその住所、電話番号、そして故人の名前と電話番号、さらにどの場所に安置することになるかなどを伝えます。

この内容に関しては基本的にはどこでも聞かれるので、ご遺族の間でしっかりと確認してスムーズに応えられるようにしておきましょう。

 

人はいつ亡くなるかというのが分からず、亡くなる時間も人それぞれで偏りがあるというわけではありません。

ただ遺体はすぐに硬直が始まり、さらに腐敗も始まってしまうので、そのままの状態で放置することは無理です。

だからすぐに遺体を安置してもらう必要があるので、葬儀会社は24時間365日、いつ連絡が来ても良いように待機している状態です。

また早朝とか夜間だと対応が違うということもないので、安心して電話をすることができるようになっています。

もちろん夜間でも指定した病院の方にご遺体を迎えに行ってもらうこともできるので、喪主はすぐに連絡をするようにしましょう。

また連絡をする際は、病院名や住所、さらに故人の名前や安置してもらいたい場所などを伝えることになります。

スムーズな対応をしてもらうためにも、あらかじめ電話をする前にこれらのことに関してはご遺族の間で確認しておくと良いでしょう。

そうすればスピーディーに対応してもらって、ご遺体を希望する場所にすぐに安置してもらうことができるからです。

サイト内検索
葬式・葬儀関連コラム