口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀を欠席するときのマナーとは?

友人や親族、会社の人などのお葬式に参列が出来ない時は、電話などで手短かに参列できない理由を伝えておく必要があります。

お通夜と告別式の両方に参列できない場合は、お悔やみ電報を届けることが大事です。

インターネットの専門店では、24時間電報を送ることが出来るので、忙しい人には利便性が高いです。

後日に都合が付いたら、自宅に訪問をすると良いでしょう。

遺族は疲れているので、あまり長居をしないことが大事です。

お悔やみ電報を送ることが大事です

友人や知人、親戚の人などの訃報が入ったけれど、体調不良で入院中だったり、出張中などで、お通夜や告別式などの葬儀に参列が出来ないこともあります。

お葬式に欠席をする時の基本的なマナーを知っておく必要があります。

親戚や親族などの場合は、電話を入れて参列が出来ないことを事前に伝えておく必要があります。

遺族や喪主は大変忙しいため、手短に要件を伝えてお悔やみの言葉を伝えることが大事です。

お通夜や告別式などのお葬式に参列が出来ない場合は、お悔やみ電報を送ることが大事です。

インターネットの専門店を利用すると、24時間いつでも電報を送ることが出来ます。

開式の2時間から3時間前に届くように配慮をして下さい。

お葬式に参列が出来ない場合は、お供え物や供花を送るのもおすすめです。

事前に斎場に連絡を入れておくと、供花を準備してもらえます。

お供え物や供花を送ることが大事です

会社関係や近所の人、友人などのお葬式に参列が出来ない時は、親族や親戚の人の場合と同様にお悔やみ電報を送るのが礼儀になっています。

お通夜か告別式のどちらかに参列が出来る場合は、受付で香典を手渡しすることが出来ます。

やむおえない事情で欠席をする場合は、後日自宅に訪問をして、お供え物や供花、お線香などを持参すると良いでしょう。

お葬式が終わった後は、遺族や喪主は大変疲れているので、長居はしないのが基本的なマナーになっています。

お葬式が終わると初七日や四十九日などの法要が控えているため、お線香は必需品なので持参するのがおすすめです。

友人や知人、会社の人などの訃報は、電話やメールなどで届くことが多いため、香典を受付で渡せなかった時は、自宅に後日持参すると良いでしょう。

他の友人が参列できる時は、香典を受付で渡してもらうことも出来ます。

現金書き留で香典を送ることも出来ます

親戚の人や会社の人、友人、知人などの訃報は突然入るため、基本的にはお通夜か告別式のどちらかに出席をするのがマナーですが、やむをえない事情で参列が出来ないこともあります。

お悔やみ電報を送ったり、供花やお供え物を送ると良いでしょう。

お通夜や告別式の両方に出席をできない場合でも、香典は届けておきたい人がほとんどです。

他の友人が参列をする時は、ことづけておいたり、現金書き留などで送ることも出来ます。

お香典の相場は、友人・知人の場合は5千円から1万円前後、親戚の場合は2万円から3万円前後になっています。

具体的には、叔父や叔母の場合は3万円、いとこの場合は1万円から、2万円前後になっています。

出張や病気などで欠席をする場合は、手短に電話で伝えておくと良いでしょう。

まとめ

親戚や会社の人、友人、知人などの訃報が入った時は、出張中や病中病後などのやむをえない事情で、お通夜や告別式などのお葬式に出席が出来ないこともあります。

お通夜と告別式の両方に出席が出来ない場合は、お悔やみ電報を送ったり、お供え物や供花の手配をするのが一般的です。

お通夜や告別式などのお葬式が終わり、遺族や家族が落ち着いてきた頃に、自宅に訪問をすると良いでしょう。

遺族や喪主は大変疲れているので、長居をしないのがマナーになっています。

親族や親戚などの場合は、事前に電話をしておくほうが良いでしょう。