口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀とお通夜の違いは?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/08/07

大切な家族や友達が亡くなってしまったときにお通夜や葬儀に参列する必要がありますが、お通夜と葬儀は何が違うのかを理解しておくと、参列するときに恥をかかずに済みます。葬儀とお通夜には実は明確な違いがあるのです。ここでは葬儀とお通夜の違いについて、詳しく解説していきます。

お通夜にはどんな意味があるのか

家族や友人などが亡くなったときにお通夜に参列をすることになりますが、本来のお通夜の意味を理解していないまま参列している方は少なくありません。お通夜は葬儀の前日におこなわれる法要のことですが、夜通し故人の遺体を守ることが本来の目的です。故人の遺体を悪霊などから守ることがメインであり、そのため夜通しで火を絶やさずに遺族などが協力して番をするのが通常の考えかたになります。

流れとしては通夜式を夕方ぐらいからおこない、僧侶が読経をしている中で参列者が焼香をしていくことになりますが、読経の部分は宗派で多少の違いが発生します。その後に通夜振舞いとして会食がおこなわれますが、参列者に食事や飲み物を提供して、故人についての語り合うのが通常の流れです。

会食の時間は1時間から2時間程度になりますが、参列者によって参加している時間には違いがあり、予定がある人は早めに帰っても問題はありません。そして参列者が帰った段階で、喪主や故人の近親者で故人の遺体を守ることになります。

時代の流れでお通夜の方法にも変化が生まれており、参列者の都合を優先して半通夜という方法を選択する遺族も増えてきています。半通夜は基本的に短縮されたお通夜にだけ参列者が参加をして、翌日の葬儀は身内のみでおこなうことになりますから、喪主の負担も軽減されるのが魅力的です。

葬儀をおこなう理由とは何なのか

葬儀はお通夜の翌日におこなう告別式のようにも感じますが、告別式とは違う存在になります。本葬の法要で僧侶が故人のためにお経を唱える段階が葬儀に該当します。葬儀は故人の霊魂を生きている人が存在する世界から送り出すための儀礼なので、故人の霊魂を死後の世界に旅立たせるためにおこなわれるというのが大きな理由です。

似たような存在に告別式もありますが、告別式は故人とのお別れ会なので、霊魂を旅立たせるような意味合いはありません。しかし時代の流れで葬儀と告別式を同じ日におこなうようなスタイルが増えており、霊魂を旅立たせてから参列者で故人とのお別れ会をするケースが多くなっています。

お通夜と葬儀には明らかな違いがある

お通夜には故人を死後の世界に旅立たせるまで喪主や遺族で守る意味があり、葬儀には故人を死後の世界に旅立たせる意味があります。そのため半通夜などに参列をするときも、基本的にはまだ死後の世界に霊魂は旅立っていませんから、その点を意識して参列をするのが大切です。

また葬儀は故人の霊魂がしっかりと死後の世界に旅立つのを見守る必要があるので、故人がしっかりと死後の世界に行けるような心持ちで参列をする必要があります。少し複雑な違いはあるものの、故人を大切に思う気持ちを持って参列をするのが何方でも重要です。

 

故人が亡くなったときにお通夜と葬儀などに参列をする必要がありますが、何方にも明確なおこなわれる理由があります。半通夜などで昔とスタイルは変わってきていますが、故人を悪霊から守る意味合いがあるのに違いはありません。

なぜ似たようなことをおこなわなければいけないと考えてしまう方も多いかもしれませんが、両方をおこなうことで安心して故人を死後の世界に旅立たせられるということを理解しておきましょう。いつか自分が喪主になったときにも役立つ知識といえますので、ぜひ覚えておいてください。

葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索