口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

亡くなってから葬儀までの流れはどれくらいの期間?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/10

訃報はいつも突然ですし、時間を選んではくれません。深夜の場合もあれば、早朝の場合もあるでしょう。人が亡くなってから葬儀に至るまで、一体どのような流れでどのくらいの期間や時間で進むのでしょうか。

行き当たりばったりではなく、おおよその流れを心得ておけば、もしものときにも段取りに際して冷静になれることでしょう。

葬儀会社が決まっているときの流れはこんな感じ

例えば病院で人が亡くなると、医師による死亡宣告がなされ、家族に引き渡されます。こうした情報をいち早く知らせるためにマスコミも動き出しますが、参列者にとって見やすい情報として伝えてくれそうなところに依頼しましょう。

このとき、あらかじめ葬儀会社が決まっていれば、そこに一報を入れて、葬儀のスケジュールについて打ち合わせが始まります。喪主となれば故人を惜しみ哀しんでいる時間的な余裕もなく、さまざまなことを決めていかねばなりません。埋葬の手続きについても同時進行です。

全て喪主様のみで進めるのは非常に大変なので、良くあるケースとして、地元の自治会の方々が、埋葬の手続きやら荼毘にふす斎場の手配やら、葬儀における参列者の受付などについてもサポートしているケースが多いようです。

が、首都圏ではこうした地域とのつながりが希薄になっている場合もあります。中野区には、こうしたいざと云うときに役立つ情報が掲載されたサイトがあります。

亡くなってから葬儀までの流れを知る

一般的に、亡くなった日の夜にご家族や近親者が故人と共に過ごす時間を仮通夜と言います。この場合は、葬儀スケジュールの外で、一晩お線香を点し続けて、一緒に過ごします。

が、宗派によっても異なったり、斎場の都合で予定を早めたり延長したりすることもあるので、参考までに覚えておくと良いでしょう。通夜の儀は、おおよそ夕方の6時頃から9時くらいの間で、参列者の数をおおよそ見込んで時間を設定します。

通夜では、通常お香典は受けない場合もありますが、最近では告別式に参列できない方のために、通夜でもお受けするケースも増えてきました。また告別式は、お昼前後におこなわれる場合が多く、11時から12時くらいがだいたいの目安となるでしょう。

ただし、告別式の日の暦が「友引」の、場合は、故人が連れていってしまうという考え方に配慮して、14時頃から始められたりします。喪主様にとっては、何が何だかわからないまま、一気にここまで進んでしまうかもしれません。

こうした流れを知っておくメリット

こうした葬儀に至るまでの一連の流れをおおよそ知っておけば、メリットは多くあります。例えば、その段取りや参列者に対するさまざまな配慮にも気付くことが可能です。

出棺時、霊柩車の手配や、親族が移動するバスやタクシーの手配も含まれます。霊柩車、バスの運転手さんに対してのお礼として、別途「お車代」を包むことや、先に火葬してから葬儀をおこなうのか、またその逆にするのかも、斎場の都合に合わせて柔軟に対応できることでしょう。

いきなりの喪主は、本当にわからないことばかりなので、葬儀会社に遠慮なく聞いてもらって、多くの方に故人を見送っていただけるように心の備えをしておきたいものです。

 

葬儀に対しての心配事は、なかなか人には相談しにくい部分です。こうした心配事が、ネットの情報で整理したりできるようになったのも、とても有り難いことではないでしょうか。

中野区のサイトには、こうした情報がいろいろと掲載されて居り、読み物としても非常に有効なツールだと言えるでしょう。葬儀は、亡くなった方への恩返しの儀式であり、残された方々が感謝を伝えるための大切な儀式です。

最近は、初七日の法要を告別式の後におこなうケースが増えていますが、もしこの法要に招かれた場合には、香典の額をおおよそ1万円として包み、出された膳の食事には、故人への供養という意味で、必ず少しでも食べるようにしましょう。

サイト内検索
葬式・葬儀関連コラム