口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

真言宗の葬儀の特徴とは?流れ・作法やマナーについて解説

公開日:2023/12/01  最終更新日:2023/10/31

!

真言宗の葬儀は、日本の宗教文化において特有の儀式であり、厳粛かつ神聖な雰囲気が漂います。この記事では、真言宗の葬儀の特徴や流れ、作法、そして参列者に求められるマナーについて詳しく解説します。故人への最後のお別れとなる神聖な儀式を、正確な知識と敬虔な心をもってのぞむための情報をお伝えします。

真言宗の葬儀とは?

真言宗の葬儀とは、日本の仏教宗派である真言宗における特別な儀式です。

この葬儀は、故人の魂を浄化し、大日如来の加護を受け、次の世界へ導く役割を果たします。真言宗は密教の一派で、その教義に基づいて葬儀も執り行われるのです。葬儀の主要な目的は、故人を大日如来の支配する密厳浄土へ送り届けることです。

密厳浄土は、大日如来を中心に、仏と人間の存在が交錯し、浄化の場とされています。葬儀では、故人が今世で身につけた悪念や習慣を浄化し、仏様の加護を受けるために供養が行われるのです。また、故人の魂が安心して次の世界へ旅立つことを祈ります。

さらに、十人の裁判官に審判されないよう祈りも捧げられているのです。真言宗の葬儀には、ほかの宗派には見られない特別な儀式も含まれます。たとえば、灌頂では故人の魂を清め、土砂加持では罪を消すと信じられているのです。

真言宗の葬儀は、その信仰と儀式が結びついており、故人への最後のお別れを神聖にとらえ、心からの感謝と敬意を示す場でもあります。

真言宗の葬儀の流れ 

真言宗の葬儀は、厳粛な儀式と深い信仰が結びついています。以下は、一般的な真言宗の葬儀の流れです。

お通夜

お通夜は、故人の家や寺院で行われます。僧侶を呼び、枕経を捧げ、通夜法話が行われます。

参列者は食事やお酒を共にし、故人の思い出を語ります。

納棺式

故人を棺に納める儀式です。とくに真言宗では、土砂加持という儀式が行われます。

土砂を清め、護摩を焚いて明真言を唱え、故人の浄化が行われるのです。

葬儀本番

葬儀の本番では、以下のような儀式が行われます。

入場:導師と式衆が入場し、儀式が始まります。

塗香(ずこう):香を身体に塗り、浄化を行います。

洒水(しゃすい):法水を振りかけ、浄化を象徴します。

加持(かじ):金剛杵を用いて真言を唱え、故人の魂を祝福します。

三礼・剃髪(さんらい・ていはつ):故人の頭を剃髪し、戒律を授けます。

表白(ひょうびゃく):諸仏に故人の教化を願い、祈ります。

神分(じんぶん):降臨に感謝し、加護を願い、故人の成仏を祈ります。

引導(いんどう):引導を渡し、故人の魂を導きます。

破地獄(はじごく)の印:故人の罪を浄化します。

御引導大事(ごいんどうのだいじ):導師が印を結び、特別な祝福を授けます。

血脈(けちみゃく):真言密教の血脈を伝えます。

六大印(ろくだいいん):真言を伝授します。

諷誦文(ふじゅもん):成仏を願う諷誦文を唱えます。

後讃()ごさん:鉢を打ち、尊厳な雰囲気が漂います。

読経(どきょう):真言や陀羅尼を唱え、回向を行います。

祈願(きがん):故人が平穏に往生し、安らかな次の世界に行くことを祈ります。

導師最極秘印(どうしさいごくひいん):最後に導師が秘密の印を結び、葬儀が終了します。

退場:導師と式衆が退場し、葬儀が終わります。

出棺と火葬:身内が最後のお別れを告げ、棺を出棺し、火葬が行われます。

真言宗の作法やマナー

真言宗における葬儀や法要には、特有の作法とマナーが存在します。

これらの作法やマナーを理解し、適切に参加することは、故人への最後の敬意を示す重要な行為です。

焼香のマナー

焼香の作法では、お香を3本の指でつまみ、額の高さまで持ち上げてから、故人への祈りを込めながら火種に落とします。

この瞬間は、故人との最後の交流としてとらえられているのです。

数珠のマナー

真言宗の数珠は振り分け数珠と呼ばれ、108個の数珠が連なっています。

これを正確に使うことが大切で、とくに法要の際には注意が必要です。

服装のマナー

葬儀や法要に参列する際の服装も留意が必要です。

遺族は本式の喪服を用意し、アクセサリーは避けます。また、喪明けには服装を変えていく作法があるため、その点も押さえておきましょう。

香典のマナー

香典の包み方も重要です。香典袋には「御霊前」や「御香典」と書かれており、金額は関係性に応じて設定されます。

適切な金額を包むことで、故人への感謝の気持ちを示すのです。

まとめ

ここまでご紹介した真言宗の葬儀は、特有の流れや作法、マナーをもつ厳粛な儀式です。この葬儀の流れはお通夜から始まり、納棺式を経て本番の葬儀が行われます。焼香や数珠、香典の包み方など、独自の作法が存在し、服装にも留意が必要です。真言宗の葬儀は、故人への最後のお別れを神聖な儀式としてとらえているので、敬虔な心でのぞみましょう。

 

中野区の葬儀社情報(その他)
葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索

中野区でおすすめの葬儀社比較表

順位
サイト名
口コミ・評判
サイト
価格
会員制度の有無
特徴
1位
アイユーメモリーの画像

花祭壇20%OFF
担当スタッフは打ち合わせからアフターサポートまで同一にスタッフが対応
2位
あすなろ葬祭の画像
自社斎場がありプラン内容が豊富
3位
花葬儀の画像
フラワーデザイナーによる生花や花祭壇にこだわった葬儀が可能
4位
グランドセレモニーの画像
追加料金の発生しない丁寧な見積もりで良心的な価格設定が特徴
5位
むすびすの画像
葬儀関連のアイテムは選択幅が広くプランのカスタマイズが可能