口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

お焼香だけの参加でも問題ない?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/07

急に大切な人が亡くなってしまい、葬儀に行かなくてはならない際、葬儀のすべてに参加することができず困ることがあります。どうしても他に用事があるので、お焼香だけしか参加できないということがあるかもしれません。急に執り行われることが多いお通夜やお葬式ですが、全部には参加できなくても問題がないのかを知っておきましょう。

お通夜やお葬式はどれくらい時間があるのか

お通夜やお葬式といった葬儀はそれぞれ行われる時間に違いがありますが、一般的にはどれくらい時間がかかるのかを知っておくとよいでしょう。参列者の人数によっても違いが出てしまうでしょうけれども、だいたい1時間から2時間くらいかかることが一般的です。

僧侶の読経だけで30分から40分くらいかかることが多いですし、その後に参列者がお焼香を行うのですが、これが参列者の人数によっても違いがあるものの30分から1時間くらいかかるでしょう。これらが終わった後に僧侶の説法があることもありますが、こちらはあまり長時間になることはなく、5分から10分くらいで終わってしまうでしょう。

どのようなことが行われるのかがわかると、どれくらい時間がかかるものなのかがとてもわかりやすくなります。僧侶の読経などだけではなく、以上の他に開会・僧侶が入場する時間もありますし、僧侶が退場して喪主の挨拶も行われます。

葬儀にお焼香だけの参加であっても問題はない

お通夜やお葬式にかかる時間を見ると、忙しい現代人が急にこれだけの時間を割くことは難しいこともあります。大切な人との最期のお別れではありますが、どうしても他に用事があって全部は参加できない場合は仕方がありません。

失礼になってしまうのではないかと心配になる人もいるかもしれませんが、決して失礼ではありませんし、問題はないので安心してください。よく結婚式とお葬式が重なってしまってどちらに出席すべきか迷うという話を聞きませんか。

このような場合は大切な人との最期のお別れであるお葬式を優先した方がよいといわれてはいますが、急に予定を変更することが難しいこともあるでしょう。喪主の方も失礼だとは思わないでしょうから、時間があればお焼香だけの参加であっても問題はありません。

お焼香だけの参加のいいタイミングはいつか

葬儀に出席したくても、全部には出席できない場合は、どのようなタイミングでお焼香に行くことがいいのでしょうか。ここが一番気になるポイントかもしれませんが、いくつかちょうどよいタイミングがあります。

まずは、葬儀が始まる30分から15分くらい前に会場へ行って、先に済ませてしまうというパターンです。式が始まる前ですし、この時間帯であればご遺族の方ともしっかりと挨拶をできるのでよいかもしれません。葬儀の中のお焼香のタイミングで他の参列者と一緒に済ませる方法でももちろん構いません。

開式30分から40分くらい経過してから始まりますので、その時間帯を狙って会場へ行ってください。ご遺族やご親族の後に一般参列者が行いますので、人数によっても一般参列者の番が回る時間にはばらつきがあります。会場の受付で事情を説明して、スタッフのいう通りに行動しましょう。

お通夜の場合は、お通夜が終わった後に会場で通夜振る舞いが行われていますので、この時間帯でも構いません。通夜振る舞いが終わるまでの間に会場へ行って済ませる際に、ご遺族の方にお葬式へ出席するか、後日弔問するのかを伝えておくとよいです。

 

忙しい人がとても多いですし、大切な人の葬儀に必ずしも出席できる人ばかりとは限りません。急に大切な人が亡くなってしまい、他の用事をずらすことも難しいことがあってもおかしくはありません。

お世話になった人であれば、お通夜やお葬式に最初から最後まで参列することが難しくても、お焼香だけでも済ませたいでしょう。これは決して失礼なことではありませんし、ご遺族の方に嫌な顔をされることもありませんから行けるタイミングでお焼香を済ませましょう。

葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索