口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

中野区でできる葬儀の種類って?

中野区でできる葬儀の種類って?

中野区に住んでいる人が亡くなったとき、区役所などに死亡届を出していろいろな準備をしていきます。
多くの業者があり、いろいろな方法で行えます。
区民が利用できる制度などをうまく活用して、行える式を選ぶと良いでしょう。

 

親族から故人の友人や会社関係者に参列

家族が亡くなると、まずは家族が悲しみます。
常に近くに寄り添って生活していた人が亡くなると、寂しさがこみ上げますし、将来どうやって生きて行こうか考えることもあるかもしれません。
ただ、悲しんでいるのは家族以外にもいるかもしれません。
既に実家から独立しているかもしれませんが、それ以前は親や兄弟などと生活をしていたでしょう。
となるとその人たちが生きていれば悲しみます。
故人と交友関係を持っていた人であったり、仕事で何らかのやり取りがある人なども悲しみます。
中野区に住んでいるのであれば、この地区で行える葬儀を考える必要があります。
多くの人に参列してもらうのであれれば、種類としては一般葬が良いかもしれません。
会場によって異なりますが、数十人から数百人が一度に入れるようになっていて、大きな祭壇などが用意されています。
こちらなら多くの人が参列したとしても、問題なく対応することができます。
区民が利用できる制度があり、民間の施設でも割安で利用できるときがあります。
事前に区役所に問い合わせをしましょう。

 

家族葬や密葬など小さい規模で行いたいとき

若い人であれば、日常でもいろいろな人と交友関係があります。
しかし年齢が高くなると徐々に人との交流が少なくなります。
会社を退職すれば、会社の人との交流が減ってきます。
趣味などで友人と会う機会も少なくなるかもしれません。
病気での療養が長くなれば特にそれらの人との交流が減ります。
決して友人や知り合いが少ないわけではないものの、亡くなったときに必ずしもその人たちを呼ばなくても良いと考える時があります。
中野区において葬儀を行いたいときに行える種類としては、家族葬密葬があります。
これらは、故人の家族などを中心に行う式で、規模は非常に小さくなります
必ずしも式場などを借りる必要はなく、自宅などで行うときもあります。
マンションの集会場や、地域の公民館などを利用して行うときもあります。
業者の施設でないとしても、自宅などに必要な設備を持ってきてもらえるので、希望を伝えるようにしましょう。
一般葬に比べるとそれほど豪華にはならないものの、花を用意したりすることで豪華にしてもらえます。

 

宗教にとらわれない無宗教で行う式

葬儀といえば、参列する時にはいろいろなマナーを知っておく必要があります。
宗教ごとに微妙に行う方法が異なっているときがあり、焼香の方法などは回数を間違えないようにしなければいけません。
日本では仏教式が多いですが、その他神式であったりキリスト教式、その他の宗教の方式でお行われるときもあります。
一方で、普段から宗教の信仰をあまりしていない人もいます。
通常は親族の信仰を引き継いでその宗教で行うときが多いですが、特にその宗教にこだわりがないなら必ずしも宗教を決める必要はありません。
中野区で行うときにできる種類として、無宗教葬があります。
表向きには一般的に行われるものとあまり変わりませんが、僧侶による読経がなかったり、お焼香などもない時があります。
読経がないと少し寂しいので、故人が好きだった音楽などをかけて行うときもあります。
参列者にとっても、参列しやすい式にすることができます。
僧侶との関係がないためお位牌などもありません。
将来のことも考えながら選択すると良いでしょう。

〇まとめ
広く参列者に来てもらうのであれば、一般葬を行うことになるでしょう。
多くの業者で対応してもらえます。
その他自宅などで家族葬密葬などを行うときにも対応してもらえます。
無宗教葬を行いたいときも、相談してみましょう。