口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

法事の香典の金額相場は?包み方と渡し方も徹底解説

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/07/28


法事に参列するときには、香典を持参するのは礼儀ですが、「法事の香典の金額の相場が知りたい・・・」と悩んではいませんか?今回は、法事の香典の金額相場を紹介と香典袋の包み方、渡し方について解説していきます。この記事を読めば、余計な不安になることなく、法事に参列できます。ぜひ参考にしてください。

法事の香典は関係性と会食の有無で決まる

法事の香典は、故人の関係性と会食の有無で決まります。相場に関しては、地域差や考え方はさまざまですので、注意してください。

■親戚・親族の場合

親戚・親族が法事に参加する場合、香典の相場は以下のとおりになります。

・四十九日、一周忌で会食がある場合…30,000円~100,000円
・四十九日、一周忌で会食がない場合…10,000円~50,000円

法事の後に会食がある場合は、その分多く包むのがマナーです。また、四十九日、一周忌の法事のときは、節目になる法事のため、他の法事よりも多めに包む傾向にあります。

■知人として招かれた場合

次に、知人の法事に参加する場合の香典の相場について説明します。

・四十九日、一周忌で会食がある場合…10,000円~30,000円
・四十九日、一周忌で会食がない場合…5,000円~10,000円

知人の場合も、法事の香典の金額相場は、法事の後に会食がある場合は多めに包むことが礼儀となっています。

香典を包むときのマナーは?

ここまで香典の金額相場をお伝えしましたが、「香典はどうやって包めばよいかわからない…」という方も多いのではないでしょうか?そこで次に、香典を包むときのマナーを解説します。まずは、香典袋についてです。香典袋は包む金額によって、用意するものが異なります。

基本的に香典袋は、双銀の結び切りの水引がついているものを用います。また、包むのが5,000円以内ならプリントされている香典袋を、包むのが10,000円から20,000円なら白黒の水引がついている香典袋を、包むのが30,000円以上なら高級和紙を使った銀色の水引がついている香典袋を利用しましょう。香典袋の表書きには「御霊前」と書いて、その下にあなたの名前を書いてください。表書きは「ご霊前」以外にも、次のような書き方もあります。

・仏式…御香典、御香料、御香華料
・神式…御玉串料、御榊料
・キリスト教式(カトリック)…御ミサ料
・キリスト教式(プロテスタント)…御花料

仏式以外では、蓮の花が印刷されていない封筒を使うのがマナーなため、注意してください。また香典で文字を書く際に利用する墨は、不祝儀の礼儀で薄墨のものを使いましょう。普段、筆を使用されない方は筆ペンタイプが便利です。中袋がある場合は、表に金額、裏には住所、氏名の他、郵便番号や電話番号など適宜書きましょう。また、香典には新札は使いません。必ず折り目があるものを包むようにしてください。

香典の渡し方

次に、香典袋の渡し方について解説していきます。香典袋の渡し方ですが、通夜と葬儀、両方出席するのであれば、通夜のときに受付にて渡してください。ただし、急いで通夜にかけつけた場合などで、香典袋を用意できなかった場合は葬儀で渡しても問題ありません。

礼儀として、ふくさに包んで持っていきましょう。受付にて、記帳をした後に、お悔やみの言葉を述べ、香典を両手で渡してください。もし、受付が用意されていない場合は、遺族にお悔やみの言葉を述べて、焼香の前の祭壇にお供えしてください。

 

本記事では、法事の香典の金額相場や、香典の包み方、渡し方について解説しました。法事の香典の金額相場は、法事の後に会食がある場合、多めに包むことが礼儀です。急な法事が入ると焦ることもあるかもしれませんが、落ち着いて動けば難しいことはありません。法事は少しでも供養の気持ちを持って、参列してくださいね。

葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索