口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀に行けない場合のマナーとは?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/08/06

どんなに自分にとって大切な方であっても、突然の訃報が舞い込んだら、やはりその場に行けない場合だってあるかもしれません。そんなときに、先方に失礼にならず、参列できない旨を伝えるにはどうしたら良いのでしょうか。

中野区では、そんなお困りごとが解決できるような、葬儀のマナーと葬儀社を紹介するサイトを設けているようです。

突然の訃報でもしお別れに行けなかったら

訃報はいつも突然に舞い込みます。こちらの都合に合わせてはくれません。ですが、人としてどうしても葬儀に行きたいのだけれど、社会人としてどうしても外すことができない仕事や、都合もあるでしょう。

それがお世話になった方であれば、行けないことで、自分を責めてしまったり、ストレスを覚えてしまうことのないように、その対処方法を知っておくのが良いでしょう。先様にも失礼がなく、ご自身の仕事も犠牲にせず、お悔やみの気持ちを伝えることが可能になります。

中野区では、こうした葬儀の際のマナーや、本当に葬儀をおこなう立場になった場合に、故人をお見送りするのに最適な葬儀社の紹介をしているサイトがあります。知っておいて損をすることはない情報が満載ですので、そんな事態に備えてチェックしてみることをおすすめいたします。

弔電を活用してお悔やみの気持ちを伝える

葬儀に参列すると「弔電の披露」という時間が設けられるのが一般的です。披露で読み上げられる弔電はごく一部ですが、もしどうしても参列できない場合は、弔電を送って弔意を表すことも大事です。字数や様式によって料金も異なりますが、おおよそお渡ししたい額の香典の額に合わせて設定すると良いでしょう。

また、定型文ではなくて可能な限り、ご自身の言葉で文章を考え、故人との思い出やエピソードを盛り込めれば、きっと誠意が通じることでしょう。

実際は、弔電に目を通せるのは、葬儀が終わってからなので「あの人が見えなかった」と、遺族の方が心配されても、弔電が届いてさえいれば「ああやっぱり律儀な方だったんだ」と、許してくださることでしょう。弔電はあなたから故人へ贈る、最後で最愛のメッセージではないでしょうか。逆に生花などは、処分に困る場合もあるので見送った方がいいでしょう。

後で訃報を知ってしまった場合はどうしたら良いか

余程の社会的な立場のある方でない限り、そのご訃報は新聞の一角に「お悔やみ」として、通夜や告別式のスケジュールが紹介されるくらいでしょう。忙しいとお世話になった方の訃報を葬儀が終わってしまった後で知る、という場合もあります。

こんな場合も、どうしたら良いだろうと考えているうちに時間だけが過ぎていってしまいます。気持ちも伝えられないままでは、あなたも不本意ですよね。

このような場合は、どうしたら良いのでしょうか。もし、ご自宅をご存知で、故人のお宅に伺えるのであれば、まず電話で参列できなかったお詫びをしたうえで、香典の代わりに「お花代」や「お線香代」として、直接お渡しするのが良いのではないでしょうか。

または、新盆やお彼岸というタイミングに合わせて、贈答用のお線香などを手紙も一緒に添えて差し上げると、失礼になりません。当然ですが、返礼を求めないことを書き添えるのを忘れないようにしてください。それでも、お返しの品をいただいたら、有り難く頂戴して、故人との思い出の品として大事に使わせてもらいましょう。

 

中野区にとどまらず首都圏では、こうした相談に乗ってくれるようなご近所さんがいない場合も多いでしょう。そんな際には、こうしたサイトを活用して情報を得ておくことが大事になるでしょう。葬儀は当り前ですが一度きりです。

そこに行けなかったら、故人のお見送りができない訳ではありません。例え、その場に駆け付けられなくても、後でその訃報を知ることになっても、きっと故人はあなたのことを見ていてくださっていますから、精一杯の弔意をお伝えできれば何の問題もないでしょう。

サイト内検索
葬式・葬儀関連コラム