口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀にアクセサリーはつけてもいい?

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/09

中野区でおこなわれる葬儀はもちろんですが、アクセサリーを身に付けて参列しても良いのか気になりませんか。

マナーを知っておかないと失礼になることもあります。マナー違反なファッションで参列することのないように気を付けなくてはなりません。

いろいろなマナーがあるので気を付けよう

葬儀に参列するときにはさまざまなマナーがありますので、アクセサリーのことはもちろんですが他のことも含めて知っておく必要があります。喪服を着用して参列しますが、ファッションは基本的に黒で統一します。男性の場合は黒いスーツに白いシャツを着て黒いネクタイを身に付けます。

バッグも靴も黒を着用しますが、このときに光沢のあるものを選ぶのはマナー違反となりますので気を付けなくてはなりません。黒であればなんでもいいというわけではなく、黒であっても派手な印象を与えるような小物を使うことは良いことではありません。

女性の場合は、黒いパンプスを履いて行きますが、ヒールの高さが適度である必要があります。あまりにもヒールが高い黒いパンプスは良いとは言えませんので、普段からヒールの高いパンプスを履いている人は特に気を付けてください。

身に付けるのならば真珠を身に付ける

ゴールドやシルバーなどの派手なネックレスなどを身に付けることはもちろんマナー違反となりますが、ネックレスがないと寂しい印象になります。ネックレスを身に付ける場合は真珠であれば問題はありません。

ただし、真珠であればなんでも良いというわけではないので、どんな真珠のネックレスであれば身に付けても良いのかを知っておく必要があります。二連の真珠のネックレスもありますがこれはマナー違反ですから、身に付けるのならば一連の真珠のネックレスにします。

ピアスやイヤリングも真珠に限っては身に付けても問題がありませんが、1粒タイプのものにしてください。中粒の真珠を選ぶのですが、1粒タイプのネックレスとなるとマナー違反となりますので気を付けましょう。

真珠の色は白で構いませんが、黒やグレーなど落ち着いた色であれば白以外の色の真珠でも構いません。ただし、派手な色をした真珠はマナー違反となりますので、白以外を身に付けたい場合は黒やグレーなどの色にしておきましょう。

洋装で出席する場合と和装で出席する場合の違い

洋装で葬儀に参列する場合は真珠のネックレスやピアスやイヤリングなどを身に付けても構いません。また、結婚している人であれば結婚指輪も身に付けて参列することができます。なるべく質素なほうが良いので、全くこれらを身に付けないで参列しても全く問題はありません。

では、和装で参列する場合はネックレスなどを身に付けても良いのでしょうか。実は、和装の場合はネックレスはもちろんですが、ピアスやイヤリングなども身に付けないほうが良いです。

身に付けてしまうと過度な装飾をしていることになりますので、和装にする場合は真珠であってもネックレスやピアスやイヤリングは身に付けないようにしましょう。ただし、結婚している人の場合は結婚指輪を身に付けて参列しても構いません。

 

意外と知らない人が多いかもしれませんが、葬儀の際にはなるべく質素な格好で出席したほうが良いので真珠のネックレスやピアスやイヤリングと結婚指輪に抑えておきましょう。洋装と和装とでも違いがありますので、このことも頭に入れておく必要があります。

最近ではあまり和装で参列することはありませんが、和装の場合は結婚指輪以外のアクセサリーは身に付けないほうが良いのでより注意が必要です。中野区はもちろん、どこの葬儀にも同じことが言えますのでこれらを覚えておいてください。

サイト内検索
葬式・葬儀関連コラム