口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

葬儀当日に必要なものは何?

葬儀当日に必要なものは何?

 

お葬式には面倒な手続きや、揃えなければならない様々な物品などがあり、身内の手だけでは間に合わないこともあります。
そこで、葬儀社に一任するのが一般的です。
では、お葬式の当日に必要なものは、どんなものなのか、ご説明します。

 

 

どこまで葬儀社に依頼できるのでしょうか。

遺体の安置から祭壇の準備、必要な道具の貸し出し、死亡通知の手配まで、専門業者は幅広い役割をこなします。
また、現代では、故人の遺志により、仏式、神式、キリスト教式のほか、無宗教で行うお葬式もありますが、専門業者ですから、どの形式のお葬式にでも対応してくれます。
それだけに、予算を考え、どこからどこまでを業者に依頼し、遺族は何をするのかを、事前に業者としっかり打ち合わせをしておくことが重要となります。

〇セット内容
一般的に料金はセットになっており、セットに含まれるのは、次のようなものです。
死亡届の提出から火葬場の手続きまで・忌中札、道中案内の貼り紙(指し札)、記録帳の用意・祭壇の飾りつけ一式・棺、納棺用品、棺覆い、幕・霊柩車の手配・焼香具(通夜、葬儀、告別式)・火葬費・骨壺などです。
セットには、それぞれランクがあり、棺の材質や祭壇の段数、飾りつけの違いなどで料金が異なります

 

セット以外で必要となるものは、どんなものか。

セット以外で必要となり、業者に頼めば、用意してくれるものは、次のようなものです。
・ドライアイスの用意・死亡通知、会葬礼状の印刷・遺影写真作成・納棺用生花の準備・祭壇用供物の用意・喪章、貸衣装の手配・通夜や告別式に必要な座布団、テーブル、コップ、とっくり、茶器、灰皿などの貸し出し・テント、マイクロフォン、椅子、鯨幕、照明器具などの貸し出し・生花、花輪の手配・預かり棚の用意・室内土足張り・事務用小物(寸志袋、受付用紙、整理札、自動車用ステッカー)などの用意・食事、弁当、菓子類の手配・マイクロバス、随伴車の手配・スナップ写真の手配・寺院、式場の紹介・墓地、仏具の斡旋・告別式の司会の手配・遺言や相談のための弁護士や会計士の紹介・心づけ代行・法事用引き出物の手配などです。
このうち、どれが必要で、どれが必要ではないか、必要なものは、遺族で揃えられるのか、業者に依頼するのかをよく考えて、事前に業者と相談をする事が重要となってきます。

 

実際のお葬式の準備はどのようなものか。

通夜、お葬式、告別式は、自宅のほか、マンションや団地の集会場、公民館、寺院、斎場などで行います。

〇自宅で行う場合
事前に近所の方や自治会に申し出て、了承を得ておいたほうが、思わぬトラブルを防ぐことができます。

〇マンションや団地などの集合住宅
エレベーターや階段、通路などの共用部分を、どうしても使用することになりますので、近所の方の迷惑にならないようにする配慮が必要です。

〇斎場を借りる場合
業者が手配してくれますが、遺族の代表か世話役が、事前に下見をしておくとよいでしょう。

〇自宅でお葬式をあげる場
喪家の内外を整理しなければなりません。
・祭壇を置く部屋は、玄関か縁側に近くて、襖をはずせば広く使える部屋を選び、家具などは別の部屋に移します。
・このとき、故人をしのぶアルバムや食器類は、見えないところに片付けておきます。
・この部屋のほかに、弔問客のための控室兼休息室や子供たちの控室、喪主や遺族の休憩室、僧侶の控室なども、別に用意しておきたいところです。
・家のなかに飾ってある縁起物、華やかさを感じさせる生け花や絵画、置物、額、トロフィーなどを片付け、取り外せないものには半紙を貼ります。
神棚も扉があるものは閉じて合わせ目に半紙を貼り、扉のないものはご神体がかくれるように半紙を貼り、神封じをします。
・家の外周に弔問の妨げになるようなものがあれば片付け、暗いようなら照明器具を用意します。
・戸口には、竹のすだれを裏返しにかけ、忌中札を下げます。
・また、家名やお葬式の日時を記入した「指し札」を、最寄りの駅、バス停などの公共交通機関のターミナルから、式場までの目立つところや曲がり角に貼ります。
・そして、一番大切な遺影ですが、故人が気に入っていて、なるべく最近写した写真を用意します。
適当なものが無い場合は、集合写真からトリミングしますが、これも業者に頼めば作成してくれます。
従来は白黒写真に限られていましたが、最近ではカラー写真を使う場合も増えてきています。

〇まとめ
お葬式に関するありとあらゆることを代行・手配してくれるのが葬儀社なのです。
業者は故人が亡くなった病院でも紹介してくれますが、葬祭業協同組合に加盟している業者が安心です。
直接の打ち合わせができ、車の手配なども便利なように、喪家の近くにある業者を選びましょう。