口コミで評判が良い中野区の葬儀社をご紹介!

日蓮宗の葬儀で知っておきたい流れと特徴・マナー

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/10/31

?

日蓮宗は、日本三大宗派の一つであり、約600万人の信者を有する仏教宗派です。日蓮宗の葬儀は、特有の儀式や文化が結びついており、参列者にとっても理解しておくべきポイントがあります。本記事では、日蓮宗の葬儀の流れと特徴、そして参列者のためのマナーについて詳しく解説します。

日蓮宗の葬儀の流れ

日蓮宗の葬儀の流れは、以下のとおりです。

通夜

通夜は、故人と最後のお別れをするための儀式です。

遺族や親族、親しい友人が集まって、故人への思いを語り合います。通夜は、故人の魂を供養し、次の世界への旅立ちを祈る大切な時間です。

葬儀

葬儀は、故人の死を弔い、成仏を願う儀式です。

この際、とくに法華経の教えにもとづいた儀式が行われます。読経や唱題、焼香などが行われ、参列者は故人への尊敬と感謝を表します。

告別式

告別式は、遺族や親族、参列者が故人を見送る儀式です。

遺族が弔辞を述べ、故人の生涯や功績を回顧します。また、参列者は焼香を行い、故人への哀悼の意を示します。

火葬

火葬は、故人の遺体を火葬炉で燃やして遺灰にする儀式です。

日蓮宗の葬儀では、遺体を火にかけ、肉体的な存在を超えた魂への祈りが込められます。火葬は、故人を浄化し、成仏への道を開く重要な行為とされています。

納骨

納骨は、遺灰を墓地や納骨堂に納める儀式です。

この際、故人の遺骨を尊重し、遺族や信者は故人を永遠に守護するという意識をもちます。

日蓮宗の葬儀の特徴

日蓮宗の葬儀には、ほかの宗派とは異なる特徴があります。

法華経に基づく儀式

日蓮宗の葬儀は、法華経という仏典の教えに基づいて行われます。

この経典は、一切の衆生が成仏の可能性を秘めており、一切の存在が尊いと説くものです。そのため、日蓮宗の葬儀では、故人への祈りと供養が法華経の教えに則って行われます。

散華と偈文の奏上

日蓮宗の葬儀では、散華と偈文が奏上される場合があります。

散華は、花びらを模した紙を撒くことで、故人を供養し、華やかさを表現します。また、偈文は故人を偲んで詠まれた詩文であり、感謝や哀悼の気持ちを表現します。

装飾と華やかさ

日蓮宗の葬儀では、故人への感謝と尊敬を込めて、華やかな装飾が行われることがあります。

花や飾り物は、故人の人生を祝福し、その功績を称えるために用いられます。これは、日蓮宗独自の葬儀の特徴といえます。

日蓮宗の葬儀における香典や服装について

日蓮宗の葬儀に参列する際の香典や服装には、特別なマナーがあります。

香典

香典の表書きは、葬儀のときから四十九日の手前の法要までについては「御霊前」または「御香典」と書きます。

そして、葬儀終了から四十九日以降の法要時には「御仏前」「御香典」と書くようにしましょう。香典の金額は、故人との関係性や参列者の経済状況によって異なります。香典は、故人や遺族への支援となり、感謝の気持ちを示す重要な要素となります。

服装

日蓮宗の葬儀に参列する際の服装は、喪服が基本です。

喪服は、黒色のものが一般的で、男性は黒のスーツ、女性は黒のワンピースなどを選びます。

服装は、故人やその家族への敬意を表す大切な要素となります。また、アクセサリーや化粧についても、控えめなものを選びましょう。服装や外見を整えることは、葬儀に参列する際の基本的なマナーです

まとめ

日蓮宗の葬儀は、通夜、葬儀、告別式、火葬、納骨といった流れを持ち、故人への感謝と尊敬が心温まる儀式を通じて表現されます。また、特徴的な法華経に基づく儀式、散華と偈文の奏上、装飾と華やかさも、日蓮宗の葬儀の特徴として挙げられます。参列者は、香典を適切に贈り、黒色の喪服を着用し、控えめな外見で参列することで、故人やその家族への敬意を示し、感謝の意を伝える大切な役割を果たします。日蓮宗の葬儀は、宗教的な要素と共に、人間の情と敬意を大切にする儀式の一つといえるでしょう。

 

中野区の葬儀社情報(その他)
葬式・葬儀関連コラム
サイト内検索

中野区でおすすめの葬儀社比較表

順位
サイト名
口コミ・評判
サイト
価格
会員制度の有無
特徴
1位
アイユーメモリーの画像

花祭壇20%OFF
担当スタッフは打ち合わせからアフターサポートまで同一にスタッフが対応
2位
あすなろ葬祭の画像
自社斎場がありプラン内容が豊富
3位
花葬儀の画像
フラワーデザイナーによる生花や花祭壇にこだわった葬儀が可能
4位
グランドセレモニーの画像
追加料金の発生しない丁寧な見積もりで良心的な価格設定が特徴
5位
むすびすの画像
葬儀関連のアイテムは選択幅が広くプランのカスタマイズが可能